仲介手数料を支払うタイミングは? いつ支払えばいいの?

 

不動産屋に仲介を頼むと仲介手数料が発生しますよね。

今回は仲介手数料をいつ支払えばいいのか?

支払うタイミングについて詳しくお話ししたいと思います。

支払いのタイミングはおもに2パターン

不動産会社にお願いすると、一般的に不動産価格の3%+6万円(上限)の仲介手数料が発生します。

仲介手数料の詳しい記事についてはこちらから↓
不動産の仲介手数料 しくみは? 計算のしかたは? 

 

不動産会社へ支払う仲介手数料ですが、おもに2パターンあります。

  • 売買契約時に半金・不動産の引渡し時に半金ずつ
  • 不動産の引渡し時に全額

 

この2パターンがほとんどです。
支払方法は不動産会社によって異なります。

 

ベースオン
一般的に多いのが、契約後に半金、物件の引渡し完了後に残りの半金。
このかたちが多いと思います。

 

ブレインではお客様に都合の良い方法でのお支払いを選択いただいております。

売買契約時は住宅ローンの審査が終わっていないことが多いです。
手付金などの費用を手持ちの現金で用意しないといけませんから、「引渡し時に一括で支払いたい」。というお客様は多いです。

 

ベースオン
他の不動産屋と取引する場合でも、仲介手数料の支払い方法を変えたい場合は一度打診してみるのもいいと思います。

 

 

あまりそのことについて拒む会社は少ないと思います。

また、仲介手数料は成功報酬です。

 

ベースオン
成功報酬について詳しくお話ししたいと思います。

 

仲介手数料は原則、成功報酬

不動産屋に支払う仲介手数料は成功報酬です。

この成功報酬とは、不動産の売買契約が成立したときに発生します

誤解しがちなのが、媒介契約(不動産屋に物件を探す依頼や売却依頼)の時点ではなにも発生しないということです。

媒介契約についての詳しい記事はこちら↓
不動産の媒介契約とは? 売買契約とはどう違う?

 

ですので、仲介手数料の支払い義務が生じるのは、

  • 買主(物件を探しているかた)は希望の物件を見つけて契約したとき
  • 売主(不動産の売却を依頼をしているかた)は買主をみつけて契約したとき

 

このようになります。

 

ベースオン
契約が成立するまでは仲介手数料の支払い義務はないことを覚えておいてください。

 

まとめ

仲介手数料の支払いタイミングは、

  • 売買契約時に半金・不動産の引渡し時に半金ずつ
  • 不動産の引渡し時に全額

 

仲介手数料は成功報酬なので支払い義務は、

  • 買主(物件を探しているかた)は希望の物件を見つけて契約したとき
  • 売主(不動産の売却を依頼をしているかた)は買主をみつけて契約したとき

 

不動産の仲介手数料は実際にどのようなときに発生していつ支払えばいいのかとまどう方も多いと思います。
タイミングによって資金計画も考えなくてはいけませんからね。

不動産屋によって変わってきますので不動産屋に一度聞いてみてもいいですね。

関連記事
不動産の媒介契約とは? 売買契約とはどう違う?

  不動産会社に売買活動を依頼するときは、媒介契約(媒介契約)というものを結ばなければなりません。 今回はこの媒介契約について解説したいと思います。 また、よく混合される売買契約との違いについても解説したいと思[…]

[» 続きを見る]

不動産仲介手数料は消費税がかかる? どんなものに消費税がかかる?

  家やマンションなどの不動産の売買を行う際には仲介手数料がかかります。 この仲介手数料には消費税がかかるのでしょうか? 結論から言うと消費税がかかります。 その他に消費税がかかるものはどんなものがあるでしょう[…]

[» 続きを見る]

不動産屋の仲介手数料「無料」のからくりとは?

  不動産を売買すると不動産屋から「仲介手数料」が発生することはみなさんご存知のことだと思います。 不動産屋の手数料は物件価格が400万円を超えると上限で3%+6万円(税別)の費用がかかります。 ブレインでは仲[…]

[» 続きを見る]

ブレインで住宅を買うと普通の不動産屋と比べてどのくらいお得?

  ブレインでは愛知県・名古屋市を中心に不動産を仲介手数料を上限の【半額】でご紹介しています。 具体的にはどれくらい安くなるのでしょうか? 実際にブレインで仲介をしたお客様を例にお話ししていきたいと思います。 […]

[» 続きを見る]

不動産売買するなら知っておきたい 両手取引・囲い込みとは?

  不動産売買の仲介において「両手取引」、「片手取引」といわれる取引の方法があります。 この不動産屋の取引の仕方によってはお客様にとって不利な取引になってしまう可能性があります。 今回はこの「両手取引」、「片手[…]

[» 続きを見る]