不動産の媒介契約とは? 売買契約とはどう違う?

 

不動産会社に売買活動を依頼するときは、媒介契約(媒介契約)というものを結ばなければなりません。

今回はこの媒介契約について解説したいと思います。
また、よく混合される売買契約との違いについても解説したいと思います。

媒介契約の特徴を知ることで不動産の購入や売却にお役立てください。

 

媒介契約とは?

媒介契約とは、購入や売却を不動産会社に依頼する際に、不動産会社がどのような活動をしていくかを約束する契約です。

また、媒介契約の締結は宅地建物取引業法という不動産の法律にによって義務付けられています。

媒介契約によって、購入・売却ともに共通する取り決めの内容は以下のとおりです。

 

  • 媒介契約の種類
  • 契約の有効期間
  • 報酬(仲介手数料)について

 

売却活動を依頼する場合は次の内容も追加されます。

  • 物件の販売価格
  • 指定流通機構(レインズ)への登録について
  • 売主への販売活動の報告に関すること

 

このような内容を書面(媒介契約書)にて取り交わします。

具体的な取り決め内容を解説をしていきたいと思います。

 

媒介契約の種類は3種類

媒介契約には次の3種類があります。

  • 一般媒介契約
  • 専任媒介契約
  • 専属専任媒介契約

どの契約を結ぶかによって不動産会社の活動のしかたが変わっていきます。

では契約の種類について詳しく解説していきます。

 

一般媒介契約

・売主は複数の不動産会社と同時に契約ができる
・売主自身で買主を見つけた場合、不動産会社を仲介させず、取引ができる

・依頼された不動産会社はレインズ(不動産流通機構)に登録する必要がない。(任意)
・契約期間に特に定めはありません。
(一般的に3か月程度)

 

ベースオン

一般媒介契約の特徴は複数の不動産会社に売却を依頼できることが特徴です。

不動産会社との制約が他の契約より緩やかな契約です。

また、購入の場合はこの一般媒介契約を結ぶことが多いです。

 


専任媒介契約

・売主はひとつの会社しか契約できない。
・不動産会社は売主より依頼を受けてから7日以内に不動産流通機構(レインズ)に登録が必要

・不動産会社は14日に1回以上の頻度で依頼者に報告することが義務づけられている。
・売主自身で買主を見つけた場合、不動産会社を仲介させず、取引ができる。
・契約期間は最長で3か月。

 

 

 


専属専任媒介契約

・売主はひとつの会社しか契約できません。
・不動産会社は売主より依頼を受けてから5日以内に不動産流通機構(レインズ)に登録する必要がある。

・不動産会社は7日に1回以上の頻度で依頼者に報告することが義務づけられている。

・売主自身で買主を見つけた場合でも不動産会社を仲介させる必要がある。 
(自ら取引不可)
・契約期間は最長で3か月です。

 

ベースオン

専属専任契約は契約の種類のなかでも一番制限がある契約になります。

契約の種類 まとめ

違いをまとめたものが以下になります。

 

取引態様一般媒介契約専任媒介契約専属専任媒介契約
自ら取引
レインズ登録義務なし媒介契約から7営業日以内媒介契約から5営業日以内
状況報告義務なし
(任意で報告を求めることは可能)
14営業日以内に一回以上7営業日以内に一回以上
契約有効期間特になし(一般的には3か月以内)3か月以内3か月以内

 

 

売買契約とはどう違う?

 

お客様

媒介契約と売買契約はとはどう違うの?

このような質問をよく頂きます。
不動産の取引には媒介契約以外にも売買契約や重要事項説明などの色々な契約書を交わします。

特に混合しやすい売買契約との違いについても解説したいと思います。

図に表すと以下のようになります。

 

媒介契約

  • 「売主または買主」と「不動産会社」で契約を交わす
  • 購入や売却を不動産会社に依頼する際に、不動産会社がどのような活動をしていくかを約束する契約

 

売買契約

  • 「売主」と「買主」で契約を交わす
  • 売主と買主が物件価格や条件がお互いの合意が得られたときに結ぶ契約
  • 不動産会社は売買契約のお手伝いをする

 

 

ベースオン

媒介契約は不動産会社がどのように活動するかを取り決める契約。

売買契約は物件についての価格や条件について取り決める契約です。

 

 

 

契約を結ぶタイミング

媒介契約・売買契約を結ぶタイミングを売却を例にすると以下のようになります。

 

 

ベースオン

売買契約の前に媒介契約を結んで具体的にどのような販売活動をするかを決めます。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

媒介契約によって不動産会社がどのような活動をするかが決められてきます。

媒介契約の特徴を知ることで不動産の取引をよりスムーズに進めていきましょう。

関連記事
ブレインで住宅を買うと普通の不動産屋と比べてどのくらいお得?

  ブレインでは愛知県・名古屋市を中心に不動産を仲介手数料を上限の【半額】でご紹介しています。 具体的にはどれくらい安くなるのでしょうか? 実際にブレインで仲介をしたお客様を例にお話ししていきたいと思います。 […]

[» 続きを見る]

仲介手数料【3%+6万円】は高い?不動産屋がやる仕事について

  ブレインでは名古屋市を中心に不動産売買の仲介手数料を【半額】にてサービスを提供しております。 半額にするために無駄な経費、人件費を削減させてこのサービスを実現させているのですが、お客様の中には一般的な仲介手[…]

[» 続きを見る]

不動産の仲介手数料は高すぎる? 内訳はどうなってる?

不動産の売買における不動産屋に支払う仲介手数料の上限は物件価格の3%+6万円(税別)です。 不動産の取引は高額なので、仲介手数料は高いって思われる人もいると思います。 今回はこの仲介手数料が不動産会社にどのように使われる[…]

[» 続きを見る]

なぜ仲介手数料の無料や半額は広がらない?

  不動産の売買を不動産会社に依頼すると仲介手数料を支払います。 仲介手数料の報酬額は上限3%+6万円です。 ほとんどの不動産会社はこの上限の金額を請求します。 しかし、仲介手数料を「半額」・「無料」にする会社[…]

[» 続きを見る]

家やマンションの消費税 売主によって変わってきます。

  不動産の取引をする際には様々な消費税がかかります。 不動産は一般的に高額な商品のため消費税も大きな金額になります。 不動産の取引をする際は消費税についても知っておくことが大切です。 今回は建物にかかる消費税[…]

[» 続きを見る]