ブレインで住宅を買うと普通の不動産屋と比べてどのくらいお得?

 

ブレインでは愛知県・名古屋市を中心に不動産を仲介手数料を上限の【半額】でご紹介しています。

具体的にはどれくらい安くなるのでしょうか?

実際にブレインで仲介をしたお客様を例にお話ししていきたいと思います。

普通の不動産屋と比べてどのくらいお得?

ブレインではマンションや家を購入するする際、仲介手数料【半額】で行っております。
半額の理由についてはこちら↓
ブレインの仲介手数料が半額の理由は?

もちろん仲介手数料の他にとる費用もございません。
こちらのコラムに詳しいことを書いているのでよかったら参考ください↓
不動産屋に支払う手数料 仲介手数料の他にも支払うものがある?

それだけでなく他にも価格交渉も積極的に行います。

では具体的にブレインで取引をした場合はどのくらい安くなるのでしょうか?
ブレインで実際に取引していただいたお客様を例に比較したいと思います。

※例に出したお客さまの了承を経て掲載しています。
個人情報の観点から公開できる範囲での掲載になります。

 

住宅用地を購入のお客様

注文住宅を建てるために住宅用地を購入したお客様です。

物件を購入した物件の情報はこちらです。

・購入物件:住宅用地

・物件価格:2,480万円 →  2400万円

物件価格は80万円の値引きに成功しました。

次は費用の明細を比べてみたいと思います。

費用項目一般的な
不動産屋
ブレイン支払先
仲介手数料842,400421,200不動産会社
ローン事務代行費用
(代行手数料)
※54,000不動産会社
収入印紙
(売買契約書)
10,00010,000税金
登記費用※-税金
司法書士報酬司法書士
固定資産税精算税金
住宅ローン保証料金融機関
住宅ローン
事務手数料
金融機関
収入印紙代金融機関
合計※906,400431,200

※ローン事務代行手数料は請求しない不動産屋は多いですが請求された場合は注意しましょう。

※「-」は支払先が不動産会社以外の金額になります。
この部分は支払先が違うので金額に差はありません。

※実際の諸費用合計は「-」の金額と合算になります。

 

水色の枠内が不動産会社に支払う報酬です。

合計で475,200円もお得になりました。

物件の値下げ額と合算すると、なんと1,275,200円の値下げをすることに成功しました。
軽自動車くらいなら買えるくらいの金額ですね。

また、この物件は古家がついており、現況での引渡しでした。
ブレインと提携している解体業者にお願いし、解体費用も相場より安くやっていただくことができました。
(具体的な金額は出せませんが)

なかなか理想の物件に出会うことがなく、土地探しに1年以上かかってしまいました。
しかし根気強く探した結果、希望エリアの土地購入をしていただくことができました。

お客様の声はこちらから↓
K.Y様

 

中古戸建を購入のお客様

中古戸建を購入したお客様です。

物件を購入した物件の情報はこちらです。

・購入物件:中古戸建

・物件価格:3,100万円 2,950万円

物件価格は150万円の値引きに成功しました。

 

次は費用の明細を比べてみたいと思います。

費用項目一般的な
不動産屋
ブレイン支払先
仲介手数料1,020,600510,300不動産会社
ローン事務代行費用
代行手数料
※54,000不動産会社
収入印紙
(売買契約書)
10,00010,000税金
登記費用※-税金
司法書士報酬司法書士
固定資産税精算税金
火災保険保険会社
住宅ローン保証料金融機関
住宅ローン
事務手数料
金融機関
収入印紙代金融機関
合計※1,074,600520,300

 

合計で554,300円もお得になりました。

物件の値下げ額と合算すると、なんと2,054,300の値下げに成功しました。

この費用でリフォーム代金にも充てることができますね。

このお客様は注文住宅用の住宅用地と中古住宅を並行して探されておりました。
希望エリアであったこと、金額も値ごろに交渉出来た結果、購入いただくことができました。

お客様の声はこちらから↓
M.K様

 

中古マンションを購入のお客様

中古マンションを購入したお客様です。

物件を購入した物件の情報はこちらです。

・購入物件:中古マンション

・物件価格:2,000万円 1,980万円

物件価格は20万円の値引きに成功しました。

 

次は費用の明細を比べてみたいと思います。

費用項目一般的な
不動産屋
ブレイン支払先
仲介手数料706,320353,160不動産会社
ローン事務代行費用
(代行手数料)
※54,000不動産会社
収入印紙
(売買契約書)
10,00010,000税金
登記費用※-税金
司法書士報酬司法書士
固定資産税精算税金
火災保険保険会社
住宅ローン保証料金融機関
住宅ローン
事務手数料
金融機関
収入印紙代金融機関
合計※770,320363,160

 

合計で397,160円もお得になりました。

物件の値下げ額と合算すると、なんと597,160円の値下げに成功しました。

このお客様は県外から名古屋への引越しを機に中古マンションの購入を検討されていました。

当時住まわれていた賃貸の更新期限までに、購入から引越しをする希望されていました。

エリアや予算など、綿密にに計画されており、見事に期限内の購入をすることに成功しました。

お客様の声はこちらから↓
G.U様

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

仲介手数料【半額】だけではなかなかピンとこない方もいるかと思います。

ブレインでは、仲介手数料を半額にするだけでなく、価格交渉も積極的に行います。

ブレインで実際に取引いただいたお客様の例をみればどのくらいお得になるかイメージできたかと思います。

ご興味をもたれている方はお気軽にお問い合わせください。

不動産をお得に購入・売却するなら↓
ブレインのシステム

ブレインへのお問合せはこちら↓
ブレインの利用方法

関連記事
不動産売買するなら知っておきたい 両手取引・囲い込みとは?

  不動産売買の仲介において「両手取引」、「片手取引」といわれる取引の方法があります。 この不動産屋の取引の仕方によってはお客様にとって不利な取引になってしまう可能性があります。 今回はこの「両手取引」、「片手[…]

[» 続きを見る]

仲介手数料が半額だと仲介責任も半分?

ブレインでは中古マンションであれば仲介手数料を【半額】・新築戸建てであれば【無料】でサービスを提供しています。 不動産の仲介手数料は大きな金額なので【半額】になるだけでも大きな金額を節約することができます。 しかし、金額[…]

[» 続きを見る]

不動産の仲介手数料は高すぎる? 内訳はどうなってる?

不動産の売買における不動産屋に支払う仲介手数料の上限は物件価格の3%+6万円(税別)です。 不動産の取引は高額なので、仲介手数料は高いって思われる人もいると思います。 今回はこの仲介手数料が不動産会社にどのように使われる[…]

[» 続きを見る]

仲介手数料を支払うタイミングは? いつ支払えばいいの?

  不動産屋に仲介を頼むと仲介手数料が発生しますよね。 今回は仲介手数料をいつ支払えばいいのか? 支払うタイミングについて詳しくお話ししたいと思います。 Contents1 支払いのタイミングはおもに2パターン[…]

[» 続きを見る]

なぜ仲介手数料の無料や半額は広がらない?

  不動産の売買を不動産会社に依頼すると仲介手数料を支払います。 仲介手数料の報酬額は上限3%+6万円です。 ほとんどの不動産会社はこの上限の金額を請求します。 しかし、仲介手数料を「半額」・「無料」にする会社[…]

[» 続きを見る]