マンションの駐車場 チェックすることは?

 

マンションを購入する際に駐車場に空きがあることも重要なことだと思います。
弊社の営業エリアである愛知県名古屋市は車社会ということもあり、ほとんどのお客様が気にされます。
駐車場の空きだけでなく、車の出し入れや管理費についても知っておくべきことがあります。
今回はマンションの駐車場についてチェックするべきところをお話ししたいと思います。

 

駐車場のタイプは3種類

駐車場には以下の形態があります。

①平置き駐車場
②機械式立体駐車場
③自走式立体駐車場

③の自走式立体駐車場はショッピングセンターなどの商業施設にあるスロープでぐるぐる回る駐車場です。
マンションにはほとんど見られないタイプなのでここでは省略します。

①平置き駐車場と②機械式立体駐車場についてそれぞれメリット・デメリットなどについてお話しします。

 

平置き駐車場

屋外にあり、マンションの敷地内にある平面式の駐車場です。
屋根がない青空が多いですが、簡単な屋根がついている場合もあります。

 

置き駐車場のメリット

①車の出し入れが簡単
機械式と違い入出庫の待ち時間がなく、また機械の操作をする必要がありません。

②車種制限が緩やか
機械式よりも車種を選ばないのでどんな車種でも入れることが多いです。

③機械式よりも管理費がかからない
平面式は機械式と違いメンテナンス代や修理などが必要ないため管理費があまりかかりません。

平置き駐車場のデメリット

①機械式と比べ駐車代がかかる
同じマンションで機械式と平置きの2つのタイプがある場合、平置きは上記メリットがあるため駐車場代の負担が機械式よりも重いです。

②全戸分の駐車台数がないことも
平置き駐車場は土地面積を十分に確保する必要があります。
そのため全戸分の駐車場が確保できないため抽選や空きが出るまで待たなければならない。ということもあります。

 

機械式駐車場

機械式駐車場はマンションの屋外または屋内に機械を使って車を何段かに重ねる駐車場です。
機械式駐車場には上下に移動させる二段式や三段式のもの、車をぐるぐる回転させるタイプなどがあります。

機械式駐車場のメリット

①駐車台数を多く確保することができる。
狭い敷地内でも多くの駐車スペースを確保することができます。

②平置き駐車場に比べ駐車場代がかかからない
平置き駐車場に比べ入出庫が大変なので同じマンションに平置き駐車場があった場合、駐車場代が安いことが多いです。

③セキュリティが高い
マンションの建物内にあったり、防犯対策がされていたりするところもあるので、盗難や車上荒らしの被害に合う可能性が低いです。

機械駐車場のデメリット

①入出庫が大変
車の出し入れをする際に自分の車が出てくるまで待ち時間がかかります。
また、自分で機会を操作しないといけないので平面式と比べ煩わしいことがあります。

②車種制限がある
機械式の駐車場は車幅や車高が制限されている場合が多いので、車種によっては入出庫できないことがあります。

③管理費がかかる
メンテナンス代や維持費、修理代がかかるので、管理費が高くつくことがあります。

 

駐車スペース・出し入れのしやすさを確認しよう

駐車場で一番重要なことは出し入れのしやすさに尽きると思います。
以下のポイントを確認しましょう。

①駐車スペースが所有している車に対応するか
ご自身が所有している車が駐車場に対応しているか確認しましょう。
特に機械式駐車場は制限が厳しいので注意が必要です。

車1台に対する面積はコラム”車一台に何坪必要?”を参照ください。

②車路や切り返し用のスペースが十分確保されているか。
車の通り道である車路の幅は最低6mは確保しておきたいです。
バックからの入庫やすれ違いをするにはこのくらいは欲しいところです。

切り替えし用スペースは最低5mは確保しておきたいです。
敷地の奥に駐車する場合は切り替えしスペースが十分にないと入出庫がすごく大変です。
切り替えし用スペースがない場合はターンテーブルがあるかどうかも確認しましょう。

駐車スペースと出し入れの確認

 

空きが多い駐車場は要注意

マンションの駐車場に空きが多い場合は注意が必要です。
駐車場代の収入を管理費や修繕積立金に充当している場合があります。
空きの状態が長く続いていると管理費が赤字になる可能性があるからです。

稼働率は正確に把握することは難しいと思います。
もし内覧の際に駐車場が半分以上空きがあった場合は、一度空き状況を確認するのがいいと思います。

 

まとめ

①駐車場のタイプによってメリット・デメリットを把握しよう

②駐車スペース・出し入れのスペースが十分に確保できているか確認しよう

③空きが多い駐車場は管理費・修繕積立金が不足する場合があるので注意が必要

駐車場の空きを確認するだけでなく、駐車場のタイプや状況などをしっかり把握してマンション選びの参考にしましょう。

関連記事
マンションのチラシ月々○○万円からはほんと?

  よくマンションのチラシや広告で「月々○○万円の支払いで購入可能!」 などのというものを見たことはありませんか? 実際にはこの金額だけでは購入できません。 今回はマンションのチラシの見方についてお話ししたいと[…]

[» 続きを見る]

ハザードマップで災害被害を予測しよう

  気に入った物件があった際に確認して頂きたい事項があります。 それは地域の災害にあった場合に危険が想定されるかどうかです。 今回はその予測や避難場所などがわかるハザードマップについてお話ししていきます。 Co[…]

[» 続きを見る]

車一台に何坪必要?

注文住宅で家を建てられるほとんどの方は駐車場を確保するかと思います。 駐車場を確保するのにどのくらいの面積が必要なのでしょうか?   ベースオン 車に必要な坪数など、詳しく解説したいと思います。   […]

[» 続きを見る]

レインズ(不動産流通機構)とは?

■レインズ(不動産流通機構)とは?   不動産を探されている方もしくは売却したい方は、 一度は「レインズ」という言葉を聞いたことはあるのではないでしょうか。   不動産流通機構(ふどうさんりゅうつうき[…]

[» 続きを見る]

瑕疵(カシ)担保責任とは?

  「瑕疵(カシ)担保責任」 日常ではなかなか使う言葉ではないのであまりなじみのない言葉かもしれません。 不動産の売買の際にはこの「瑕疵(カシ)担保責任」の取り決めが非常に重要になります。 今回はこの「瑕疵(カ[…]

[» 続きを見る]