マンションの使わない共用施設やサービスは管理費の無駄?

マンションには区分された専有部分・専用設備があります。
それとは別にマンション内の廊下、階段、エントランスホール、エレベーター、
管理人室や受電設備といった他の住人と共用して利用する共用部分・共用設備があります。

マンションの共用部分には必要最低限のものもありますが、
最近ではゲストルーム、ラウンジ、集会室や宅配ボックスなどの付加設備があることが一般的になっています。

 

マンション共用設備は維持コストがかかってくる

これらのマンションの共用施設には、設備を作るときの費用だけでなく、
維持管理するための費用も毎年管理費用としてかかります。
使用されていなかったり、無駄な共用施設がある場合はムダに管理費が高くなる可能性があるので確認しましょう。

 

不要なマンション共用施設・サービス6選

共用施設の維持管理をするために管理費や修繕費を入居が負担しなければなりません。
使用されない共用施設にお金をかけるのは非常にもったいないですよね。
特に無駄では?という声をよく聞く、マンション共用施設はをピックアップしてみました。

 

(1)キッズルームや保育施設

またお子様の成長につれ3、4年もするとほとんど誰も遊ばなくなる傾向があるようです。
また周囲の住戸からうるさいと苦情が出たり、事故などが起きた際の責任問題のことから
ほとんど使われなくなるそうです。

 

(2)ジム、フィットネスルーム

ジム機器の維持管理、清掃や水光熱費等のランニングコストが高く負担が大きいものになります。
また、経年劣化に伴う設備の改修コストも必要になってきます。
利用者も一部の住人に偏ってしまいがちという傾向もあり、多くの入居者のメリットと見合わないケースが多いそうです。

 

(3)噴水や滝、人工池などの設備

エントランスなどにある噴水や滝、人工池は一見華やかに見えますが
定期的な清掃代、水道代などのコストが非常に高くつきます。
それだけでなく、安全に配慮されていないため小さな幼児などは事故になる可能性もあり危険です。

 

(4)ゲストルーム

入居者のご両親や知人・友人などが宿泊するために用意されるマンションの「ゲストルーム」。
使用料金は近隣のホテルに比べて割安に設定されていることが多いですが、
ゲストルーム室内の定期清掃やリネン等の交換などの管理コストが重くかかってきます。
実際ほとんどの方は住居内に一緒に泊まるか近くのホテルに泊まることが多いそうです。

 

(5)温泉施設やプール

今は全くみなくなりましたが、一時期流行った温泉施設も不要な共用部です。
循環ポンプや清掃などで維持管理費がとても多くかかります。
なおかつ利用者もとても少ないためもっとも不要な共用部だといえます。

 

(6)コンシェルジュサービス

マンションの各種共用施設の予約管理や居住者へ向けたクリーニング等のサービス受付で
管理人とは別にコンシェルジュを配備しているケースがあります。
提供サービスやメニュー内容が少ない場合なども多く、
人件費を負担してまで必要であるか考えると疑問を持たれる方も多くいるようです。

 

マンションの共用施設は応接スペースがあれば大丈夫

最低限として応接スペースがあればよいのではないでしょうか。

応接スペースがエントランスの脇などにあれば、管理組合の打ち合わせや集会、家に招くまでもない来客などに利用することができます。
無駄に管理費もかかることでもないのであると便利だと思います。

 

マンションの共用施設・サービスに関するまとめ

お話ししたような特殊な共用施設は必要なものというより、広告宣伝のために作られた場合があります。
その維持のために毎年無駄な管理費を払うのはもったいないものです。

マンションにそういった共用施設があった場合、本当に自分が必要なのか、無駄な施設なのかをよく考えて購入することをおすすめします。

関連記事
レインズ(不動産流通機構)とは?

■レインズ(不動産流通機構)とは?   不動産を探されている方もしくは売却したい方は、 一度は「レインズ」という言葉を聞いたことはあるのではないでしょうか。   不動産流通機構(ふどうさんりゅうつうき[…]

[» 続きを見る]

使い方が難しい?マンションの中和室のおすすめの活用法5選

  3LDK以上のマンションになると「中和室」というリビングの一角に作られている和室がつくられている物件が結構多いです。 お客様 中和室の使い方がよくわからない   このようなお話しをよく伺います。 […]

[» 続きを見る]

大規模マンションのメリット・デメリットは?

マンションといっても高層型のタワーマンションから低層型マンションなど、色々な規模やタイプがあります。 もちろん、マンションの規模ごとにもメリット・デメリットがあります。 今回は規模の大きいマンション。 大規模マンションに[…]

[» 続きを見る]

車一台に何坪必要?

注文住宅で家を建てられるほとんどの方は駐車場を確保するかと思います。 駐車場を確保するのにどのくらいの面積が必要なのでしょうか?   ベースオン 車に必要な坪数など、詳しく解説したいと思います。   […]

[» 続きを見る]

不動産売買するなら知っておきたい 両手取引・囲い込みとは?

  不動産売買の仲介において「両手取引」、「片手取引」といわれる取引の方法があります。 この不動産屋の取引の仕方によってはお客様にとって不利な取引になってしまう可能性があります。 今回はこの「両手取引」、「片手[…]

[» 続きを見る]