部屋の方角は気にしすぎなくてもいい?

 

マンションなどの購入の際に検討されるひとつの条件に日当りのよさを挙げるお客様が多くいらっしゃいます。
ご存知の通り日当りが一番良い南向きが人気ですが、個人的には方角はそこまでこだわる必要はない
と思っております。
今回はマンションの部屋の方角の特徴についてお話ししたいと思います。

 

方角の人気順は?

部屋の方角で一番人気があるのは南向きです。
これは皆さんも承知の通りだと思います。一番日当りが良い方角ですからね。

ではその他に人気順はどのようなものでしょうか。

1位:南向き

2位:東向き

3位:西向き

4位:北向き

一般的にはこの方角順となっております。

どうしてこの順位になるかというと日当りの良さの順でもあるからです。
逆に部屋の価格の高い順でもあります。

ではそれでそれぞれの方角のメリット・デメリットのお話しをしたいと思います。

 

南向きのメリット・デメリット

南向きの部屋の一番のメリットは日当りが方角の中で一番良いということに尽きます。

日本の気候は「高温・多湿」です。
夏は北向きの次に南向きが日照時間が短く、冬は南向きが最も日照時間が長くなるからです。

そのために断トツで南向きが人気となっております。
ただ、南向きにもデメリットがあります。それは・・・

①日当たりが良すぎる

②他の方角に比べ部屋の価格が高い

この2つになります。

①日当たりが良すぎるというのは南向きの1番のメリットですが、マンションにとっては逆にデメリットにもなりえます。

鉄筋コンクリート造のマンションの場合、日中の日差しの熱をコンクリートが吸収し、その熱を室内に発散します。
そのため夏の熱帯夜などでは寝苦しい夜を過ごす可能性があります。

特に日中部屋にいない独身や共働きのご夫婦などは一日部屋を閉めきっているため室内の温度がさらに高くなります。

タワーマンションや階数が高い部屋も注意が必要です。
太陽に近ければ近くなるほど日差しは強くなるからです。

②の価格ですが、人気がある分価格も高くなります。
同じマンションで同じ広さでも方角が違うだけで数十万以上価格が変わっていきますからね。

少しでも費用を抑えたい方は気をつけたほうがよいかもしれません。

 

東向き・西向きのメリット・デメリット

2位の東向きと3位の西向きの違いですが、これは日照の時間帯が午前か午後かの違いによります。

東向きは午前に日あたり、西向きなら午後に日あたりかということです。

東向きのメリットは午前の日当り

午前中に日が当りますので朝の通勤・通学前は朝日の入った部屋で過ごすことも出来ます。
日中は元々明るいので多少日が当たらなくても明るく過ごせる場合があると思います。

西向きのメリットは東向きに比べ価格が安い傾向にあることです。

西向きの日当りは日中がピークのためお仕事などで午前中よりも部屋にいない場合があると思います。
そのため東向きに比べて価格が安くなる場合があります。

東向き・西向きのデメリット

デメリットはどちらも南向きに比べて日当りの時間が限られていことです。

午後は部屋にいない場合は東向きを選び、日当りは欲しいけど少しでも価格は抑えたいという方は西向きを検討するのもいいかもしれません。

 

北向きのメリット・デメリット

北向きのメリットは価格が一番安いことです。

同じマンションでも南向きや他の方角に比べて圧倒的に安い場合があります。
普段部屋にいない方、共働きのご夫婦で外出が多い方や価格を抑えたい方には検討の余地があると思います。

北向きのデメリットは日当りが他の方角に比べて一番日当りが悪いという事です。

特に冬になると他の向きに比べて日照時間も短いので温度が低くなります。

ただ、タワーマンションや階数が高いマンションでは北向きの方が丁度良い日照になる場合もあるので一概に悪いとは言えません。

 

日当りよりも風通し!

私個人的には日当りよりも風通しが大切だと思っております。

よく、「日当りが悪いと湿気がこもってカビが生えそうで嫌だ」という方もいます。

実は日当りと湿気にはあまり関係性がありません。

カビが発生する条件は

①温度

②空気(酸素)

③湿度

④栄養(食べかすやほこり)

この4つです。

この湿気に関して日当りと間接的には関係あるかもしれませんが、日当りよりもある事が重要になります。

それは風通しです。

マンションは元々、密封性が高いため熱を逃しにくく、湿気が溜まりやすくなります。
風通しがよく換気がしやすい部屋であればこの問題は解決します。

部屋の窓が二面以上あったり、24時間換気など換気の設備が充実している部屋を選ぶのも検討のひとつだと思います。

 

まとめ

①方角の人気順は価格の高い順でもある

②南向きは日当りが一番良いが、価格が高かったり日当りが良すぎるというデメリットもある。

③東向き・西向きは生活スタイルに合わせて選ぶのがよいかも。

④北向きは日当りが一番悪いが価格が安く、生活環境によっては魅力ある部屋になり得る。

⑤日当りと同時に風通しも考えてえてみる。

 

日当りは物件選びにおいて重要なひとつだと思います。
ただ、一概に南向きが良いわけではなく、生活環境やライフスタイルによって別の方角がよい場合があります。

それぞれの方角のメリット・デメリットを十分検討して納得のいくお部屋選びをして頂きたいと思います。

 

 

 

 

関連記事
値下げ交渉しやすい中古マンションはあるのか?

マンションや家を購入する際に少しでも費用を抑えるため値下げ交渉をしたいというお客様がほとんどだと思います。 値下げ交渉を成功させるテクニックや方法はあるのでしょうか? 結論からいうと交渉に応じるかどうかは売主次第なので、[…]

[» 続きを見る]

マンション物件探しと並行でやっておきたい住宅ローン事前審査

これからマンションを購入を検討されている方で、住宅ローンがどのくらい組めるのか。また、審査は通るのか気になる方は多いと思います。 住宅ローンの事前審査を行うことによってどのくらいの金額を借りることができるかの参考にするこ[…]

[» 続きを見る]

失敗しない中古マンションの選び方

住宅を購入する際に中古マンションの購入を検討する際、 どのようなポイントに注意したら失敗の無い選択ができるでしょうか。 中古マンションは築年数が経過しているため、 新築マンションとは異なり様々な面から検討することが大切に[…]

[» 続きを見る]

住宅ローンの事前審査の理想のタイミングは?

  家を購入する際にほとんどのお客様は住宅ローンを利用されると思います。 物件探しと同じように住宅ローンを選ぶことも大切です。 でも審査のタイミングはいつやればいいかわからないですよね? 今回は住宅ローンの事前[…]

[» 続きを見る]

中古マンション【空室】と【居住中】物件の違いは?

  中古のマンション・戸建てを探す際に、その物件の「現況」を知ると物件探しに役立ちます。 その物件が【空室】なのか【居住中】なのかによって内見の方法から契約条件まで変わることもあります。 今回は物件の【空室】物[…]

[» 続きを見る]