中古マンション購入時のリノベ・リフォームのタイミングは?

マンションを購入する場合に新築か中古で迷われている方は多くいらっしゃると思います。

中古マンションの場合はさらに、自分でリノベーション(以下リノベ)・リフォームをするのか。

それともリノベやリフォームずみのマンションを買うのか。
選択肢が増えてきます。

今回はマンション購入時のリノベ・リフォームのタイミングについてお話ししたいと思います。

 

 

マンション購入時のリノベ・リフォームのタイミングは?

マンション購入とリノベ・リフォームのタイミングはどのようなものがあるのでしょうか?

まずは下の図をご覧ください。

 

 

 

 

中古マンションを購入する第一条件として物件のエリアや予算から希望物件を見つけることが多いと思いますが、ここではリノベ・リフォームを前提としたお話しをしていきたいと思います。

まず最初に中古マンションを購入する際はリノベ・リフォーム前のマンションを購入するかで大きく変わっていきます。

それぞれのパターンごとに詳しくお話ししたいと思います。

 

リノベ・リフォーム「前」(現況)のマンションを買う

 

ほとんどの中古マンションの物件はこのリノベ・リフォーム前で売り出されています。

中古マンションの売主のほとんどが元々住まわれていた方で、住み替えや引越しなどを理由に売り出します。
これから住む予定もないのにわざわざお金をかけてリノベ・リフォームをして売却しようと考える方はごく少数です。

リノベ・リフォーム前にマンションを買う場合のリノベ・リフォームのタイミングは以下に考えられます。

 

  • 購入後、一定期間住んでからリノベ・リフォームする
  • 購入とほぼ同時にリノベ・リフォームをする

 

先ほどの図でいうと、左側の部分ですね。

 

 

もう少し詳しくお話ししたいと思います。

 

購入後、一定期間住んでからリノベ・リフォームする

一定期間住んでみて不便なところや直したいところがあればより理想のリノベ・リフォームもできると思います。

数か月も住んでいると、「この箇所が不便」、だったり「こうすれば便利なのに」という問題や要望が明確になると思います。

 

ベースオン
もし、そのままの状態でも住めるようであれば一定期間住んでみて必要なリノベ・リフォーム箇所を明確にしてもいいですね

 

購入とほぼ同時にリノベ・リフォームする

リノベ・リフォームを前提としてマンションを購入しようとされる方はこのパターンが多いと思います。

リノベ・リフォームのプロセスを楽しみたい方、既存のマンションの間取りや内装が満足できないという方の多くがこのパターンになると思います。

 

ただ、このパターンが購入後の入居が一番長引くプロセスになります。

 

ベースオン
リノベ・リフォームの工事期間などを確認しながらスケジュールを組んでいきましょう

 

リノベ・リフォーム「済み」のマンションを買う

 

リノベ・リフォーム済みの物件を購入するという選択肢もあります。
不動産会社やリフォーム会社が物件を買い取り、新たにリノベ・リフォームを手掛けて販売する(再販)物件が多いです。

 

ただ、リノベ・リフォーム「前」の物件に比べ、それほど多くの物件が売り出されていないのがリノベ済みマンションです。

リノベ・リフォーム「済み」のマンションを買う場合のタイミングは以下のように考えられます。

 

  • すでにリノベ・リフォームされているのでそのまま住む
  • 新たにリノベ・リフォームをする

 

図でいうと右側の部分ですね。

 

もう少し詳しくお話ししたいと思います。

 

すでにリノベ・リフォームされているのでそのまま住む

リノベ・リフォーム済みの物件を購入される方のほとんどはこのパターンだと思います。

すでにマンションがキレイな状態で売り出されているのでそのまま住む方が基本的に多いです。

 

また、リノベ・リフォーム費用が物件価格に含まれているため予算が立てやすいというメリットがあります。

 

新たにリノベ・リフォームをする

あまり多くはないと思いますが、新たにリノベ・リフォームをかけることもできます。

リノベ・リフォームずみマンションの場合、改修工事にかけた費用込みの物件価格になっているため、余計に予算を使ってしまうデメリットもあります。

物件や販売会社によっては、一定の金額の範囲内で内装や間取りの変更をやってくれる場合もあります。

その際はどこまでの範囲でリノベ・リフォームができるかたずねてみましょう。

 

まとめ

中古マンションのリノベ・リフォームを考えている方は新築マンションや中古マンションを現況で買う場合と比べてプロセスが長くなります。

リノベ・リフォーム済みの物件を買うか、中古マンションを購入して自分でリノベ・リフォームをするかでも変わっていきます。

自分がどんなマンションを選んだらいいか、参考にしていただければと思います。

関連記事
リノベーション済みマンション購入 メリット・デメリットは?

  ブレインの営業エリアである名古屋市にもリノベーション済みマンションやフルリフォーム済みのマンション(以下リノベ済みマンションと統一します)がよく販売されております。 中古でありながら新築同様の内装でさらに新[…]

[» 続きを見る]

「R1住宅とは?」リノベーション済みマンション購入の基準にしたい

  リノベーション済みマンションを購入する際に気になることに物件の状態や購入後のアフターサービスなどがあると思います。 内装は内覧した際に確認できますが、「水漏れや設備の故障」など見えないところに関してはとても[…]

[» 続きを見る]

リノベーション済みマンション購入時に注意したい7つのポイント

  リノベーション済みマンション(以下、リノベ済みマンション)は中古マンションでありながら内装から住宅設備まで新しくなるため、新築に近いかたちですむことができます。 また新築マンションに比べてリーズナブルな価格[…]

[» 続きを見る]

50万円得するかも? リノベ済みマンションはすまい給付金の対象物件の可能性があります

  「住宅ローン減税」についてはご存知の方は多いと思いますが、「すまい給付金」という制度についてはどうでしょうか? 「すまい給付金」住宅ローン減税と同じように住宅購入の負担軽減を図る制度なのですが、一定の要件を[…]

[» 続きを見る]

築年数の古いリノベマンション、購入時の注意点は?

リノベーションマンションのなかには築年数がかなり経過している古いマンションが売り出されていることが多くあります。 見た目はきれいになっていても注意すべきポイントはたくさんあります。 ベースオン 築年数の古いリノベーション[…]

[» 続きを見る]