リノベーションとは?リフォームとの違いは?

 

ブレインではリノベーションやリフォームをされている物件の取扱いもしております。

リノベーションとリフォームの違いはなんでしょうか?

リノベーションは「リフォームの大規模版」・「リフォームをおしゃれにしたもの」

リフォームは「リノベーションの簡易版」・「修理だけすること」

色々なイメージをお持ちだと思います。

リノベーションとリフォームの違いや、リノベーションの種類についてお話ししたいと思います。

 

リノベーションとリフォームの違いは?

実はリフォームとリノベーションの明確な線引きはございません。

一般社団法人「リノベーション協議会」によると、以下のように定義されています。

リフォーム⇒原状回復のための修繕営繕不具合箇所への部分的な対処

リノベーション⇒機能、価値の再生のための改修

 

 

イメージとしては、

  • リフォーム⇒住宅の建物の古くなった部分や故障した部分を新しい状態に戻す。
  • リノベーション⇒さらに住む人のライフスタイルや価値観に合わせて改修し価値を付け加える。

 

もう少し簡単に言うと、

 

  • リフォーム⇒「元の状態に戻す」
  • リノベーション⇒「新しくつくり変える」

 

このように分けることができるのではないでしょうか?

また、リノベーションにはフルリノベーションだったり、部分リノベーションなど分けられることもあります。

次にリノベーションの種類についてお話ししたいと思います。

 

リノベーションとは?

ただ住宅を直すだけでなく、さらに住む人のライフスタイルや価値観に合わせて改修し価値を付け加え、住宅を「新しくつくり変える」リノベーション。

リノベーションにも「フルリノベーション」・「部分リノベーション」と違い種類に分けてで呼ばれることもおあります。

どのような意味かというと、

  • フルリノベーション⇒スケルトン(骨組み)の状態にしてから新たに改修
  • 部分リノベーション⇒スケルトンの状態までにはせず、部分的に改修

 

リノベーションにもどの程度の改修するかによって変わっていきます。

具体的にお話ししたいと思います。

 

フルリノベーション

フルリノベーションの場合は、内装や設備・間仕切りなどをすべて取り払いスケルトン(骨組み)の状態にしてから新たに改修します。

フルリノベーションの特徴は以下のとおりです。

  • 間取りや内装を自由に一新できる。
  • 配管や配線などの見えない部分も改修できる

 

例えば、ファミリー向けの3LDKの間取りを一人暮らしに適した1LDKに大きく間取り変更したり、大型のテレビスクリーンを壁に埋め込んだり、大幅な改修だったり。

それだけでなく、古くなった配管や配線などを取り変えて、インフラ部分も改修して住宅の機能としの価値を向上させたりできます。

 

ベースオン
自由度がかなりきくのがフルリノベーションの特徴ですね。

 

部分ノベーション

スケルトン(骨組み)の状態までせずに、部分的な改修を行うこともリノベーション(部分リノベーション)と呼ぶこともあります。

その他にも「表層替え」・「表層リフォーム」とも呼ばれることがあります。

部分リノベーションの特徴は

  • 必要な部分のみの改修ができる
  • 配管・配線などの見えない部分はやりづらい

 

例えば、和室をなくして広くLDKの変更をしたり、キッチンやトイレ・バスなどの水回り設備の変更をしたりします。

スケルトンにしない場合は配管や配線などの見えない部分の工事は難しいので改修しない場合が多いです。

 

部分リノベに関しては、リフォームとの明確な線引きが難しいです。

会社によってはスケルトンにせず、改修した場合は「フルリフォーム」と呼んだりしますからね。

 

ベースオン
最初にお話ししたように、明確な線引きがないからですね。

 

まとめ

リフォームとリノベーションは明確な線引きがありません。

抽象的な定義をあげるとすると、

  • リフォーム⇒「元の状態に戻す」
  • リノベーション⇒「新しい価値につくり変える」

 

同じ物件でもとらえ方によっては違う呼び方ができてしまいます。

定義にとらわれずに、実際の目で確かめ、改修した箇所などを確認してより良い物件を選んでいただきたいと思います。

 

関連記事
リノベーション済みマンション購入 メリット・デメリットは?

  ブレインの営業エリアである名古屋市にもリノベーション済みマンションやフルリフォーム済みのマンション(以下リノベ済みマンションと統一します)がよく販売されております。 中古でありながら新築同様の内装でさらに新[…]

[» 続きを見る]

50万円得するかも? リノベ済みマンションはすまい給付金の対象物件の可能性があります

  「住宅ローン減税」についてはご存知の方は多いと思いますが、「すまい給付金」という制度についてはどうでしょうか? 「すまい給付金」住宅ローン減税と同じように住宅購入の負担軽減を図る制度なのですが、一定の要件を[…]

[» 続きを見る]

地震に強い分譲マンションの構造は? 見分け方は?

  中古マンションを購入する際に耐震に強いかどうか気になりますよね? 最近は中古マンションを購入して「リフォーム」や「リノベーション」をする方も増えてきました。 今回は地震に強いマンションの構造についてお話しし[…]

[» 続きを見る]

リノベーション済みマンション購入時に注意したい7つのポイント

  リノベーション済みマンション(以下、リノベ済みマンション)は中古マンションでありながら内装から住宅設備まで新しくなるため、新築に近いかたちですむことができます。 また新築マンションに比べてリーズナブルな価格[…]

[» 続きを見る]

築年数の古いリノベマンション、購入時の注意点は?

リノベーションマンションのなかには築年数がかなり経過している古いマンションが売り出されていることが多くあります。 見た目はきれいになっていても注意すべきポイントはたくさんあります。 ベースオン 築年数の古いリノベーション[…]

[» 続きを見る]