「R1住宅とは?」リノベーション済みマンション購入の基準にしたい

 

リノベーション済みマンションを購入する際に気になることに物件の状態や購入後のアフターサービスなどがあると思います。

内装は内覧した際に確認できますが、「水漏れや設備の故障」など見えないところに関してはとても不安に感じると思います。

そんな不安を払拭するために最適な基準に「適合リノベーション住宅」というものがあります。

 

ベースオン
今回は適合リノベーション住宅のなかでも中古マンションを対象とした「R1住宅」について解説したいと思います。

 

「R1住宅」とはどんなもの?

R1住宅」とは、区分所有マンションの専有部を対象とした、ノベーション住宅推進協議会が定めた品質基準を満たしたリノベーション住宅のことです。

R1住宅の他に、マンション1棟単位を対象としたR3住宅・戸建てを対象とした「R5住宅」があります。

 

ベースオン
今回は中古マンションであるR1住宅に絞って解説したいと思います。

 

リノベーション住宅推進協議会とは?

{R1住宅」の品質基準を定めるリノベーション住宅推進協議会とはどのような団体なのでしょうか?

この団体は、「リノベーション」の品質を定め、優良なリノベーション受託の理解、普及浸透を推進していくことを目的とした団体です。

リノベーションによって中古住宅の性能や価値を向上して消費者の安心できる市場をつくり、流通の活性化を測ることを実現しようとしています。

リノベーション住宅推進協議会

「R1住宅」の品質基準とは?

ではリノベーション住宅推進協議会が定めたR1住宅の品質基準とはどのようなものでしょうか?

R1住宅の検査基準には13項目の検査基準があります。
対象となる箇所は以下になります。

  • 給水配管・給湯配管・排水管・ガス配管
  • 電気配線・情報系配線・分電盤
  • 換気設備・火報設備
  • 床・壁・天井の下地
  • 浴室防水

 

この検査項目を全てクリアしないと「R1住宅」を名乗ることができません。

 

R1住宅のメリットは?

R1住宅の審査が通った中古マンションはどのようなメリットがあるのでしょうか?

以下の3つのメリットが考えられます。

  • 見えないところの不具合のリスクの軽減
  • 購入後も2年以上の保証
  • 工事の履歴情報がわかる

 

それでは詳しく解説したいと思います。

 

見えないところの不具合のリスクの軽減

先述した「R1住宅」の品質基準には、配管状況など部屋を見ただけではわからない箇所も検査項目も多く含まれています。

審査が通っていれば水漏れや設備のトラブルなど購入後にも起こる可能性がある不具合の軽減に役立ちます。

ベースオン
見えないところの不安についてやわらぎますね

 

購入後も2年以上の保証

「R1住宅」はさらに購入後も検査した項目に関して2年以上の保証が義務となっています。

万が一不具合が発生した場合でも保証期間内であれば、修理などの対応ができます。

ベースオン
購入後も安心できますね。

 

工事の履歴情報がわかる

工事や検査をした箇所は、住宅履歴情報として、リノベーション住宅推進協議会が保管します。

履歴情報があると、点検やメンテナンスがしやすく、住みやすさを維持するのに役立ちます。

ベースオン
工事履歴がしっかりわかると将来的な売却にも役立ちそうですね。

 

まとめ

 

リノベーションマンションを購入する際に目で見えない箇所を見極めるのはとても難しいです。

特に築年数がかなり経過しているマンションだと、内装や雰囲気など目に見える箇所は内見時に確認できますが、購入してから設備等目に見えない箇所のトラブルなどを引き起こすリスクがあります。

一定の基準を満たした物件なら、リノベーションマンションを購入する不安が少しでも軽減できると安心ですよね。

ブレインの営業エリアである名古屋市でも、「R1住宅」の検査を受けたリノベーションマンションも増えてきています。

ブレインの「リノベ・リフォームマンションセレクト」にはこのような安心できる住宅を中心に掲載しています。

リノベマンションを安心して購入できる参考にしていただければ幸いです。

リノベ・リフォームマンションセレクト

関連記事
リノベ済みマンション購入 向いてる人、向いていない人は?

  リノベーション済みマンションは、リノベ・リフォームされていない中古マンションや新築マンションと比べて特徴があります。 今回はリノベ済みマンションの購入に向いている人・向いていない人について考えてみました。 […]

[» 続きを見る]

地震に強い分譲マンションの構造は? 見分け方は?

  中古マンションを購入する際に耐震に強いかどうか気になりますよね? 最近は中古マンションを購入して「リフォーム」や「リノベーション」をする方も増えてきました。 今回は地震に強いマンションの構造についてお話しし[…]

[» 続きを見る]

築年数の古いリノベマンション、購入時の注意点は?

リノベーションマンションのなかには築年数がかなり経過している古いマンションが売り出されていることが多くあります。 見た目はきれいになっていても注意すべきポイントはたくさんあります。 ベースオン 築年数の古いリノベーション[…]

[» 続きを見る]

中古マンション購入時のリノベ・リフォームのタイミングは?

マンションを購入する場合に新築か中古で迷われている方は多くいらっしゃると思います。 中古マンションの場合はさらに、自分でリノベーション(以下リノベ)・リフォームをするのか。 それともリノベやリフォームずみのマンションを買[…]

[» 続きを見る]

50万円得するかも? リノベ済みマンションはすまい給付金の対象物件の可能性があります

  「住宅ローン減税」についてはご存知の方は多いと思いますが、「すまい給付金」という制度についてはどうでしょうか? 「すまい給付金」住宅ローン減税と同じように住宅購入の負担軽減を図る制度なのですが、一定の要件を[…]

[» 続きを見る]