50万円得するかも? リノベ済みマンションはすまい給付金の対象物件の可能性があります

 

「住宅ローン減税」についてはご存知の方は多いと思いますが、「すまい給付金」という制度についてはどうでしょうか?

「すまい給付金」住宅ローン減税と同じように住宅購入の負担軽減を図る制度なのですが、一定の要件を満たせば最大50万円が現金にて支給される制度です。

新築の戸建てやマンションには適用できる物件が多いのですが、中古マンションはなかなか適用されない制度です。

しかし、リノベ済みマンションの場合は未リノベのマンションに比べて「すまい給付金」を受け取れる可能性が高いです。

リノベ済みマンションに焦点をあてて「すまい給付金」がどのような場合に適用されるか考えてみたいと思います。

 

すまい給付金は要件を満たせば最大50万円受けとれる!

 

すまい給付金とは、消費税引き上げによる住宅取得者の負担を緩和するために創設した制度です。

一定の要件を満たせば最大50万円を現金で受け取れる制度となります。

もちろん要件を満たしていれば住宅ローン控除との併用が可能な制度です。

 

ベースオン
住宅ローンは所得税などから控除しますが、すまい給付金は現金される違いがあります

 

下記サイトにすまい給付金について詳しく載っていますが、今回は中古マンション。とくにリノベ済みマンションに焦点をあててわかりやすく解説したいと思います。

国土交通省 すまい給付金

 

すまい給付金の対象者

 

すまい給付金の対象者は以下の要件になります。

 

  • 不動産登記上の持分保有者
  • 住民票において、取得した住居への居住が確認できる者
  • 収入額の目安が775万円以下のもの
     ※実際には都道府県民税の所得割額による

 

購入して実際に住んでいることが要件になります。

また、年収775万円以下を目安に収入によって給付できる金額も変わっていきます。

 

ベースオン
収入の目安と給付額についてはのちほど解説しますね。

 

 

給付対象となる中古マンションは?

名古屋 千種区 今池 グランスイート千種

 

すまい給付金を受けるには一定の要件を満たした物件である必要があります。

 

  • 消費税率が適用される物件であること
  • 床面積が50㎡以上であること
  • 第三者機関の検査を受けた住宅であること 等

 

住宅ローンの利用がない場合は上記の要件にプラスして

  • 年齢が50才以上の者が取得する住宅であること

 

詳しく確認してみましょう

 

消費税が適用される物件であること

 

お客様
消費税が適用される物件とはどういうことでしょうか?

 

ベースオン
それは売主が「宅建業者(不動産会社)」か「個人」かでかわってきます。
まずは下の図をご覧ください。

 

 

 

上の図のように、宅建業者が販売する住宅には消費税がかかります。

売主が「個人」の場合は、課税事業者ではないので消費税がかかりません。

 

ベースオン
すまい給付金は消費税の負担を緩和するための制度なので、「個人」の場合は適用されません。

 

中古マンションは、ほとんどの売主が「個人」ですので、適用される物件が少ないのが実情ですが、リノベずみマンションは要件を満たす可能性があります。

のちほど解説しますね。

 

床面積が50㎡以上であること

床面積は不動産登記上の面積です。

壁芯面積では内法面積となるので注意が必要です。

 

ベースオン
50㎡以上だと、広めの2LDKや3LDKだと問題なさそうですね。
ワンルームや1LDKは注意が必要です。

 

 

第三者機関の検査を受けた住宅であること

 

第三者機関の検査とは、

 

  • 既存住宅瑕疵保険へ加入した住宅
  • 既存住宅性能表示制度を利用した住宅
  • 建設後10年以内であって、住宅瑕疵担保責任保険に加入している住宅又は建設住宅性能表示を利用している住宅

 

瑕疵保険の加入には検査や要件が必要になってきます。

 

ベースオン
気に入った物件が加入されているか一度不動産屋に確認しておきましょう

 

 

リノベ済みマンションは要件を満たしている可能性がある!

 

中古マンションを購入するにあたって「すまい給付金」の要件で難しいのは、

 

  • 消費税が適用される物件であること
  • 第三者機関の検査を受けた住宅であること

 

この2つがポイントになってきます。

しかしリノベ済みマンションの場合は他の中古マンションよりも要件を満たす可能性は高いです。

ひとつづず解説していきましょう。

 

リノベ済みマンションはほとんどが消費税が適用される

リノベ済みマンションは宅建業者(不動産会社)が中古物件を買い取り、リノベ後に販売する物件がほとんどです。

そのためリノベ済みマンションは消費税が課税されてしまう物件がほとんどなのですが、要件のひとつである「消費税が適用される物件であること」を満たす可能性が高い物件でもあります。

 

不動産会社が保険に加入している場合がある

中古物件の場合、既存住宅瑕疵保険などの保険に入っていることなどが条件のひとつになります。

住宅瑕疵保険に入るためには、耐震のための検査や証明をする必要があり、中古マンションの場合はなかなか加入が難しいのが実情です。

しかしリノベ済みマンションの場合は、保険の加入によって安心をアピールするため。
そしてすまい給付金を利用できるように取り入れている会社も多くあります。

 

ベースオン
給付金以外にも保険の加入もされていれば長く住む際に安心できますね。

 

 

すまい給付金はいくらもらえる?

すまい給付金は要件を満たせば最大で50万円を支給されます。

給付額は年収に応じて変わっていきます。

年収額に応じてもらえれる額は10万円から50万円まで10万円刻みで変わっていきます。

計算方法

計算方法は下記サイトを使うとシュミレーションができます。

すまい給付金シュミレーション

 

ベースオン
ご自身の状況に合わせて計算してみてください

 

まとめ

最後にすまい給付金の適用要件をまとめると、

対象者

  • 不動産登記上の持分保有者
  • 住民票において、取得した住居への居住が確認できる者
  • 収入額の目安が775万円以下のもの
     ※実際には都道府県民税の所得割額による

 

対象となる中古マンション

  • 消費税率が適用される物件であること
  • 床面積が50㎡以上であること
  • 第三者機関の検査を受けた住宅であること 等

住宅ローンの利用がない場合は上記の要件にプラスして

  • 年齢が50才以上の者が取得する住宅であること

 

一定の要件が必要なのでなかなか取得できない物件が多いのは事実ですが、リノベ済みマンションの場合は、すまい給付金を受けられるように保険をつけたりしてアピールのひとつとして売り出している物件もあります。

ブレインでは中古マンションを購入の際はすまい給付金・住宅ローン控除が受けられるかどうかの確認をもちろん行っております。

こういったことも相談していただければと思います。

 

関連記事
中古マンション購入時のリノベ・リフォームのタイミングは?

マンションを購入する場合に新築か中古で迷われている方は多くいらっしゃると思います。 中古マンションの場合はさらに、自分でリノベーション(以下リノベ)・リフォームをするのか。 それともリノベやリフォームずみのマンションを買[…]

[» 続きを見る]

「R1住宅とは?」リノベーション済みマンション購入の基準にしたい

  リノベーション済みマンションを購入する際に気になることに物件の状態や購入後のアフターサービスなどがあると思います。 内装は内覧した際に確認できますが、「水漏れや設備の故障」など見えないところに関してはとても[…]

[» 続きを見る]

リノベ済みマンション購入 向いてる人、向いていない人は?

  リノベーション済みマンションは、リノベ・リフォームされていない中古マンションや新築マンションと比べて特徴があります。 今回はリノベ済みマンションの購入に向いている人・向いていない人について考えてみました。 […]

[» 続きを見る]

中古マンションの耐震は大丈夫? 旧耐震のマンションの選び方は?

  築年数の古い中古マンションを購入して「リフォーム」「リノベーション」を行う方も多くなってきました。 築年数の古い中古マンションを購入の際、気になるポイントのひとつに「マンションの耐震性」があがってくると思い[…]

[» 続きを見る]

リノベーション・インテリアの参考にしたい! おすすめアプリ5選

リノベーションやインテリアをする際に何を参考にしてデザインや間取りを決めればよいか難しいですよね? リノベーションやインテリアの参考にしたいおすすめアプリを5つ厳選してみました。 アイデアや参考にぜひ活用してみてください[…]

[» 続きを見る]