相場より安くて良い土地を見分けるコツ

 

安くて良い土地、ありますか?

よくお客様から、”安くて良い土地はないの?
相場より安い土地が欲しい。
と質問頂くことが多々ございます。

土地の値段というのはとても正直です。
大なり小なりありますが、その地域の相場に集約されます。
その中でも相場より安い土地が出た場合、何らかの理由がある場合がございます。

 

そこで今回は「どのような条件の土地」が相場より安くなるのか、という部分をご紹介いたします。
メリット・デメリットがありますが、土地購入の際の豆知識として覚えておいて損はありません!

 


 

 

相場より土地が安くなる条件

1、お墓が近い

お墓の周りは灯りが少ないので夜道が暗い場所が多いです。
景観も良いとはいえないですよね。
心理的にはお化けが出るなど、霊感のある人は特に避けたいですよね。
そういったことからお墓の近くは相場より安い傾向があります。
逆にそこを気にされない方であれば狙い目なのかもしれません

 

2.道の状況

車一台通るのがやっとなくらい道が狭いところ
坂の上であったり、どこへ行くにも坂をのぼらないといけなかったり・・・。
こういった場所も相場より安く出されることが多いです。

 

3.地形が悪い。

土地の地形も悪いと安く出ます。

高低差が非常にあるところ。
こういう場所は建物を建てる場合は土地を改良しないといけないので造成費用が多く
かかってしまう場合があります。
間口が狭い。
間口が狭いと駐車スペースがなかったり、

旗竿地
旗竿地と呼ばれる土地も安いです。
こういった土地は間口が狭く、土地の正面に建物が建っている場合もあるので日当たりが悪かったりします。

4.そもそも建物が建てられない(市街化調整区域内)

法律などで建物が立てられない土地は相場よりかなり安く出ます。
特に市街化調整区域という場所の土地です。田んぼや畑に多いですね。
この土地は原則、建物(家)が建てられない土地になります。
※調整区域でも条件次第で建てらる土地もあります。
家・建物が建てられないと、土地の用途は非常に限られますから当然安いです。
どうしても安い土地を手に入れたい方は、市街化調整区域でも条件次第で建てられる土地を探すのもありですね。
ただ、先述した通り、田んぼや畑だったりで宅地に適しない土地が多いのですが。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
安い土地というのは何らかの理由があるケースが多いです。

そこをデメリットととらえるかどうかというのはお客様自身で決めていただく必要があります。
弊社はそういった周辺相場状況などもご相談に乗ります。

 

関連記事
「徒歩〇〇分」は距離に直すと?

  不動産広告でよく「駅徒歩〇〇分」と表示されていますよね。 距離に直すと何mくらいか皆さんわかりますか? 今回は駅から物件までの所要時間の計算などお話ししたいと思います。   不動産用語では「徒歩所[…]

[» 続きを見る]

瑕疵(カシ)担保責任とは?

  「瑕疵(カシ)担保責任」 日常ではなかなか使う言葉ではないのであまりなじみのない言葉かもしれません。 不動産の売買の際にはこの「瑕疵(カシ)担保責任」の取り決めが非常に重要になります。 今回はこの「瑕疵(カ[…]

[» 続きを見る]

トイレをみれば設計者の技量がわかる

マンションのトイレをみれば設計士の技量がわかるといわれています。 内覧の際などで注意するべきトイレのポイントをお話ししたいと思います。   Contents1 ペーパーホルダーは左側にあるのがベスト2 便器の先[…]

[» 続きを見る]

レインズとは? 不動産を賢く売買するなら覚えておきましょう

不動産の購入・売却を検討されている方は「レインズ」という言葉を聞いたことがあるかと思います。 不動産の売買にはこのレインズの仕組みを知ることが重要です。 今回は「レインズ」についてお話ししたいと思います。   […]

[» 続きを見る]

マンションの管理 ここをチェックしよう!

マンションを購入すると管理組合の一員となり、マンションの維持・管理をしていかなければなりません。 よく、「マンションは管理を買え」といわれるほど「管理」は重要なものになります。 将来の資産価値にも影響がでます。 この「管[…]

[» 続きを見る]