不動産売買の仲介手数料について

 

不動産売買における仲介手数料について、
分かりやすい例を交えてご説明いたします。

 


 

仲介手数料 3%+6万円の6万円は?
売買における仲介手数料は以下の計算で求めます。


①200万円以下の金額に対して・・・5%

②200万超400万円以下の金額対して・・・4%

③400万円を超える金額に対して・・・3%

※消費税(8%)を含まない額

 

分かりづらいので3000万円(税抜)の物件を例にすると

①200万円×5%=10万円

②200万円×4%=8万円

③2600万円×3%=78万円

仲介手数料合計は、96万円

 

この計算だと煩わしいので、速算式で求めます。

物件価格×3%+6万円=仲介手数料
よく聞きませんか?

3000万円(税抜)の物件を上記速算式で求めると

3000万円×3%+6万円=96万円

と同じ金額になります。

この計算で求められた金額が、不動産会社が受領できる仲介手数料の上限となります。


(まとめ)

400万円以上の物件は価格の3%+6万で計算。
その金額に消費税(8%)を足していただければ仲介手数料を計算できます。

 

関連記事
車一台に何坪必要?

注文住宅で家を建てられるほとんどの方は駐車場を確保するかと思います。 駐車場を確保するのにどのくらいの面積が必要なのでしょうか?   ベースオン 車に必要な坪数など、詳しく解説したいと思います。   […]

[» 続きを見る]

不動産屋の仲介手数料「無料」のからくりとは?

  不動産を売買すると不動産屋から「仲介手数料」が発生することはみなさんご存知のことだと思います。 不動産屋の手数料は物件価格が400万円を超えると上限で3%+6万円(税別)の費用がかかります。 ブレインでは仲[…]

[» 続きを見る]

相場より安くて良い土地を見分けるコツ

  Contents1 安くて良い土地、ありますか?2 相場より土地が安くなる条件2.1 1、お墓が近い2.2 2.道の状況2.3 3.地形が悪い。2.4 4.そもそも建物が建てられない(市街化調整区域内)2.[…]

[» 続きを見る]

宅地建物取引士について

先週10月15日に宅地建物取引士の試験がありました。 毎年10月の第3週に行われる国家試験です。 不動産に関わる仕事をしている方、また法学部などの学生の方でも資格を取られる方もいるのでこの「宅建」という名称で知っている方[…]

[» 続きを見る]

レインズ(不動産流通機構)とは?

■レインズ(不動産流通機構)とは?   不動産を探されている方もしくは売却したい方は、 一度は「レインズ」という言葉を聞いたことはあるのではないでしょうか。   不動産流通機構(ふどうさんりゅうつうき[…]

[» 続きを見る]