土地や家を購入する際の消費税について

 

皆さん、モノを購入するときなどは消費税がかかりますよね。
意外に知られてませんが実は土地の代金には消費税がかかりません

今回はどんな物件に消費税がかかるか、またかからない物件についてお話ししたいと思います。

消費税のかからないモノは?

消費税はその名のとおりモノやサービスを『消費』したときにかかる税金です。
冒頭でお話しした土地は利用してもなくなるわけではないので消費税の対象にはなりません。

では、不動産の取引の際に消費税の課税対象でないモノを見ていきましょう。

①土地の売買代金

②売主が「個人」の場合の中古住宅(中古戸建・中古マンション)

③住宅ローンの利息

④火災保険料

また賃貸になると、居住用の家賃や敷金・礼金・保証金なども消費税の課税対象ではありません。

①は前述した通りですが、②の売主が「個人」の場合の中古住宅(戸建て・マンション)も消費税の対象外です。
消費税は事業者が提供する商品やサービスに対して課税されます。
ですので個人が売主である場合には消費税が課税されません。

※個人でも反復継続して不動産の売買をしていると事業としてみなされる可能性もあります。
不動産会社やハウスメーカーが売り出している新築物件や中古物件は消費税の課税対象なります。

 

消費税のかかるモノは?

では次は消費税のかかるモノを見ていきます。

①建物の売買代金

②仲介手数料

③司法書士の報酬

④ローンの事務手数料など

賃貸の場合は事務所用の家賃などもかかります。

①ですが、先程は売主が「個人」の中古住宅は消費税がかからないとお話ししましたが、
新築の物件や不動産会社などが売り出している中古物件には消費税がかかります。

②は 不動産売買の仲介手数料について でもお話ししましたが、

不動産の売買代金×3%+6万円  に消費税がかかります。

その他、登記の際の司法書士の報酬やローンなどの事務手数料にもかかります。

 

まとめ

・土地代金には消費税がかからない。

・売主が「個人」の場合の中古住宅(マンション・戸建て)には消費税がかからない。

・不動産取引には高額なお金が発生するので消費税も大きくかかっていきます。

・補足ですが2017年現在は消費税は8%となっておりますが、

2019年10月より、消費税10%に移行予定です。

予算や購入計画を建てられる際などの参考にしていただければと思います。

 

 

関連記事
相場より安くて良い土地を見分けるコツ

  Contents1 安くて良い土地、ありますか?2 相場より土地が安くなる条件2.1 1、お墓が近い2.2 2.道の状況2.3 3.地形が悪い。2.4 4.そもそも建物が建てられない(市街化調整区域内)2.[…]

[» 続きを見る]

「徒歩〇〇分」は距離に直すと?

  不動産広告でよく「駅徒歩〇〇分」と表示されていますよね。 距離に直すと何mくらいか皆さんわかりますか? 今回は駅から物件までの所要時間の計算などお話ししたいと思います。   不動産用語では「徒歩所[…]

[» 続きを見る]

中古マンション 築何年までなら安全?

中古マンションの購入を検討されているお客様から、「築何年までのマンションが安全ですか?」 という質問をよく受けます。 弊営業エリアである愛知県名古屋市ではこの数年で巨大な地震が起こると言われています。 絶対にこれというの[…]

[» 続きを見る]

瑕疵(カシ)担保責任とは?

  「瑕疵(カシ)担保責任」 日常ではなかなか使う言葉ではないのであまりなじみのない言葉かもしれません。 不動産の売買の際にはこの「瑕疵(カシ)担保責任」の取り決めが非常に重要になります。 今回はこの「瑕疵(カ[…]

[» 続きを見る]

マンションの使わない共用施設やサービスは管理費の無駄?

マンションには区分された専有部分・専用設備があります。 それとは別にマンション内の廊下、階段、エントランスホール、エレベーター、 管理人室や受電設備といった他の住人と共用して利用する共用部分・共用設備があります。 マンシ[…]

[» 続きを見る]