「徒歩〇〇分」は距離に直すと?

 

不動産広告でよく「駅徒歩〇〇分」と表示されていますよね。
距離に直すと何mくらいか皆さんわかりますか?
今回は駅から物件までの所要時間の計算などお話ししたいと思います。

 

不動産用語では「徒歩所要時間」

不動産広告などにみられる「徒歩〇〇分」や「車〇〇分」。
不動産用語では「徒歩所要時間」といいます。

距離の測り方は直線距離ではなく実際の道のり(道路距離)をもとに計算します。
また、測る地点は最寄りの駅と、その駅から最も近い敷地を地点にします。

信号や踏切などの待ち時間は含みません。
実際は歩いている途中で信号待ちなどで止まることがほとんどですが、この時間は含まないで計算します。

所要時間の計算方法

徒歩、車1分あたりのm数

徒歩1分車1分
80m400m

1分当たり徒歩は80m、車は400mで計算します。

 

800mの道のりであれば、徒歩だと10分。車だと2分ということになります。

グーグルマップの所要時間とメートルで確認してもその通りになっております。

 

ちなみに余談ですが。
分速80mという基準は、健康な女性が「ハイヒールのサンダルを履いて歩いた時」の平均の分速から決められたらしいです。
私は男なのでハイヒール履いたことないので分かりませんが、結構早くないですか・・・?

まとめ

・距離の決め方は直線距離ではなく、道路距離。

・徒歩は1分80m。車は1分400mで計算

駅を頻繁に使われる方など、参考にしてみてください。

 

関連記事
レインズとは? 不動産を賢く売買するなら覚えておきましょう

不動産の購入・売却を検討されている方は「レインズ」という言葉を聞いたことがあるかと思います。 不動産の売買にはこのレインズの仕組みを知ることが重要です。 今回は「レインズ」についてお話ししたいと思います。   […]

[» 続きを見る]

「建築条件付き土地」の条件を外すことは可能?

自分の理想の家を建てたいと思っている方は土地探しもしなければなりません。 その中で土地探しにおいて「建築条件付土地」という物件に出会うことがあります。 今回は建築条件付土地についてお話ししたいと思います。 Content[…]

[» 続きを見る]

大規模マンションのメリット・デメリットは?

マンションといっても高層型のタワーマンションから低層型マンションなど、色々な規模やタイプがあります。 もちろん、マンションの規模ごとにもメリット・デメリットがあります。 今回は規模の大きいマンション。 大規模マンションに[…]

[» 続きを見る]

宅地建物取引士について

先週10月15日に宅地建物取引士の試験がありました。 毎年10月の第3週に行われる国家試験です。 不動産に関わる仕事をしている方、また法学部などの学生の方でも資格を取られる方もいるのでこの「宅建」という名称で知っている方[…]

[» 続きを見る]

レインズ(不動産流通機構)とは?

■レインズ(不動産流通機構)とは?   不動産を探されている方もしくは売却したい方は、 一度は「レインズ」という言葉を聞いたことはあるのではないでしょうか。   不動産流通機構(ふどうさんりゅうつうき[…]

[» 続きを見る]