機械式・地下駐車場の水没・浸水に気をつけよう

 

マンションを購入する際に駐車場も一緒に確保する方はとても多いと思います。

ブレインの営業エリアである愛知県・名古屋市は車社会ということもあり駐車場の確保が必須な方はとても多いです。

今回は機械式駐車場で気をつけたい水没・浸水について解説したいと思います。

 

機械式・地下駐車場の水没・浸水に気をつけよう

マンションの敷地内の駐車場には主に、平置きの「平面式駐車場」と、機械で稼働させる「機械式駐車場」の2つが採用されています。

そのなかでも、駐車場の台数確保ために「機械式駐車場」を採用しているマンションは多くあります。

「機械式駐車場」や、平面式でも「地下」に駐車場を設けているマンションを購入するときは、水没・浸水に気をつける必要があります。

ではブレインの主な営業エリアである名古屋市では特にどのエリアを気をつけたらよいでしょうか?

 

ハザードマップで確認しよう

ブレインの営業エリアである名古屋市を例にしてみます。
下記サイトはハザードマップ(浸水想定区域図)という、大雨や洪水が起きた時の被害シュミレーションがわかるサイトです。

参考⇒あなたの街の洪水・内水ハザードマップ

 

このサイトで各自治体ごとの想定被害や河川周辺の想定被害の想定の地図を見ることができます。

名古屋市の場合、2000年に発生した東海豪雨の被害を想定してつくられています。

 

 

ベースオン
ハザードマップで購入予定のマンションが浸水想定区域に入っているか確認しましょう。

 

もし区域に入っていたら、機械式・地下駐車場に置いてある車に被害を及ぼす可能性があります。
そのエリアは特に気をつける必要があります。

名古屋市は市街地でも川が流れている地域も多くありますよね。
川が氾濫する可能性もあるので周辺の方も注意が必要です。

 

都道府県別のハザードマップの調べ方は下記サイトを参照ください。

都道府県のハザードマップ情報⇒わがまちハザードマップ

 

ベースオン
お住まいの地域や購入予定の地域を確認してみてください。

 

車を守るためにやっておきたいこと

駐車場が浸水によって車が故障した場合、ショックが大きいですよね。
車を守るためにやっておきたいことは以下のことです。

  • 駐車場の管理・ルールを把握しよう
  • 自分の車は自分で守ろう

 

駐車場の管理・ルールを把握しよう

駐車場の管理やルールを把握していくと、どんな行動をすればよいか確認できます。
以下のようなことを確認してみましょう。

  • 保守点検がきちんと行われているか

機械式駐車場には排水ポンプや電気系統の基盤などの保守・点検をきちんと行わなければなりません。

マンション購入する際はきちんと点検されているか、年数に応じて修繕などしているかを確認しましょう。

 

  • 大雨・豪雨のときの対応・ルールが決まっているか

台風など、あらかじめ大雨や豪雨が想定できる場合は、事前に自動車を移動しておくなどの対策をする必要があります。

 

ベースオン
水没時の取り決めなど、管理規約やルールがどのようになっているかを確認しましょう。

 

自分の車は自分で守ろう

 

管理会社に過失がなかったり、管理規約外のことは基本的に自己責任として扱われることが多いです。

よくあるルールには、エントランスやエレベーターなどに注意喚起などの紙が貼られていることが多いです。

もし気づかずに車が水没して故障してしまった場合に、自己責任として管理会社は何も対応しないことはよくあることです。
この場合は、車両保険くらいしか対応するほかありません。

 

ベースオン
台風や天気予報であらかじめ予測できるなら、ご自身で高台にあるコインパーキングなどに一時避難させるなど、
多少の面倒でも事前対策をすることをおすすめします。

 

まとめ

  • ハザードマップで浸水想定区域を把握する
  • 駐車場の管理・ルールを把握する
  • 自分の車は自分で事前対策をとる

 

機械式駐車場や地下駐車場は大雨により車が故障してしまう可能性が大きくあります。

特に名古屋市は市街地に川が流れているところや、最近ではゲリラ豪雨なども突発的に置きます。

車の故障は大きな損失にもなると思います。

マンションを購入するときに駐車場も確保するときは、ハザードマップや管理の対応なども確認することをおすすめします。

 

名古屋市のハザードマップ情報⇒あなたの街の洪水・内水ハザードマップ

都道府県のハザードマップ情報⇒わがまちハザードマップ

関連記事
失敗しない中古マンションの選び方

住宅を購入する際に中古マンションの購入を検討する際、 どのようなポイントに注意したら失敗の無い選択ができるでしょうか。 中古マンションは築年数が経過しているため、 新築マンションとは異なり様々な面から検討することが大切に[…]

[» 続きを見る]

失敗しないマンション、物件の探し方

  マンションや家を探す時にまずはどのように探すのが効率的といえるでしょうか。 物件探しをする際に何社も不動産会社を回っている方はいませんか? 複数の不動産会社に回っても同じような物件を紹介された経験はありませ[…]

[» 続きを見る]

東山線「千種区エリア」の築浅ファミリー向け分譲マンションについて調査しました!

  名古屋市の中心より少し東側に位置する千種区。 スーモの住みたい自治体ランキングで第1位にランクインしている人気エリアでもあります。 なかでも千種区の中心を通っている地下鉄「東山線」沿線は特に人気です。 今回[…]

[» 続きを見る]

「池下駅」築浅ファミリー向け分譲マンションについて調査しました!

  名古屋市で人気のエリアである千種区「池下駅」。 エリア内の千種区ではSUUMOの住みたい自治体ランキングで第1位にランクインしています。 駅の「池下」は住みたい駅ランキング26位とランクインしています。 そ[…]

[» 続きを見る]

内覧時の持ち物はなにが必要? 

  興味がある物件がでてきたら「内覧」をして実際のその家やマンションを見にいきましょう。 無駄なくスムーズに物件選びができるように事前に用意するものがあると便利です。 ほとんどのものは不動産屋が用意したり、スマ[…]

[» 続きを見る]