【名古屋市天白区】のハザードマップで浸水区域を確認しよう

不動産を購入するする際は物件の間取りや設備状況だけでなく、立地がどのような場所にあるかはとても重要です。

立地といってもほとんどの方は駅からアクセスなどに目を向けてしまいがちですが、他にも抑えておきたいポイントがあります。

それは浸水区域に該当する地域かどうかです。

今回は名古屋市天白区の浸水区域についてハザードマップを用いて調査しました。

 

ベースオン
名古屋市中区周辺で物件を探している方はぜひ参考にしてみてください。

 

ハザードマップとは?

ハザードマップとは、大雨や洪水などの自然災害をあらかじめ予測し、予測した被害の範囲を地図化したものです。

令和2年8月28日より、不動産取引において、対象物件について水害ハザードマップについて事前に説明することが義務付けられました。

 

不動産会社は取引する物件について【売買】や【賃貸】にかかわらず、ハザードマップにおける説明を必ず行う義務があります。

 

ベースオン
とても重要な項目ですので、取引の際はしっかり確認しましょう。

 

ハザードマップについては下記コラムにて詳細を解説しています。
ハザードマップで災害予測をしよう

今回は【洪水・内水ハザードマップ】を用いて名古屋市天白の浸水区域を調査したいと思います。

名古屋市天白区のハザードマップは?

名古屋市天白区や他の名古屋市のハザードマップは名古屋市のサイトから手に入れることができます。
あなたの街の洪水・内水ハザードマップ

 

それでは名古屋市天白区のハザードマップをみていきましょう。

※資料は名古屋市のサイト内”あなたの街の洪水・内水ハザードマップ”を参照・抜粋しています。

↓クリックで画像を拡大できます。

上の図は天白区の洪水・内水ハザードマップです。

天白区のハザードマップには以下の情報が載っています。

  • 避難場所(学校やコミュニティセンターなど)
  • 大雨による浸水想定区域
  • 天白川が氾濫した場合の想定浸水区域

色で塗りつぶされている箇所が想定浸水区域になります。
色の違いにより浸水の深さが変わっていきます。

浸水の深さは以下になります。

↓クリックで画像を拡大できます。

天白区の内水ハザードマップは浸水区域の範囲は少ないですが、川沿いは黄色(0.5m未満)の箇所があります。

天白川が氾濫した場合の想定は水色(1.0m~2.0m未満)の地域もあります。

 

詳しく見ていきましょう。

 

天白区の大雨による浸水を想定されたハザードマップ

天白区の大雨による浸水を想定されたハザードマップを見ていきましょう。

北側と南側の2つに分けて拡大してみます。

天白区の北側は植田川の川沿いに注意

天白区の北側の内水ハザードマップをみていきます。

↓クリックで画像を拡大できます。

上の図を見ると、植田川の川沿いを中心に黄色(0.5m未満)に色付けされている箇所があります。

 

ベースオン
塩釜口や植田山周辺が浸水区域になっていますね。

 

天白区の南側は天白川の川沿いに注意

天白区の南側の内水ハザードマップをみていきます。

↓クリックで画像を拡大できます。

天白区の南側は天白川の川沿いに黄色(0.5m未満)に色付けされている箇所があります。

 

 

ベースオン

井の森町・保呂町・島田・原。

この周辺が浸水区域に指定されています。

 

大雨による浸水区域は少ないですが、川沿いは要注意です。

 

天白川が氾濫した場合のハザードマップ

天白区には南側から天白川が縦断している地域です。

天白川が氾濫した場合を想定したハザードマップを見ていきましょう。

↓クリックで画像を拡大できます。

上の図は天白川が氾濫した場合に想定される浸水区域です。

深いところで青色(2.0m~3.0m)になっているところがあります。

 

ベースオン
青色の地域は、池場や元八事の付近です。

 

その他にも天白川を沿って川沿いに浸水区域が想定されています。

川沿いの物件は注意が必要ですね。

 

まとめ

  • 天白区は他の区と比べると浸水区域が少ない
  • 天白川・植田川の川沿いは注意が必要
  • 天白川が氾濫した場合は池場や元八事周辺は浸水が深く想定されている

 

名東区は他の区と比べると浸水区域に指定されているエリアが少ないので心配は少ない地域ではありますが、物件が川沿いにある場合は注意する必要がありそうです。

 

名古屋市の各区のハザードマップ情報についての記事はこちら↓

名古屋市のハザードマップで浸水区域を把握しよう【まとめ】

関連記事
【名古屋市東区】のハザードマップで浸水区域を確認しよう

  不動産を購入するする際は物件の間取りや設備状況だけでなく、立地がどのような場所にあるかはとても重要です。 立地といってもほとんどの方は駅からアクセスなどに目を向けてしまいがちですが、他にも抑えておきたいポイ[…]

[» 続きを見る]

【名古屋市南区】のハザードマップで浸水区域を確認しよう

  不動産を購入するする際は物件の間取りや設備状況だけでなく、立地がどのような場所にあるかはとても重要です。 立地といってもほとんどの方は駅からアクセスなどに目を向けてしまいがちですが、他にも抑えておきたいポイ[…]

[» 続きを見る]

【名古屋市千種区】のハザードマップで浸水状況を確認しよう

不動産を購入する際には物件だけでなく、立地がどのような場所にあるのかはとても重要です。 今回は名古屋市【千種区】の浸水区域をハザードマップを用いて調査したいと思います。 千種区で物件探しをされている方はぜひ参考にしてみて[…]

[» 続きを見る]

【名古屋市西区】のハザードマップで浸水区域を確認しよう

不動産を購入するする際は物件の間取りや設備状況だけでなく、立地がどのような場所にあるかはとても重要です。 立地といってもほとんどの方は駅からアクセスなどに目を向けてしまいがちですが、他にも抑えておきたいポイントがあります[…]

[» 続きを見る]

【名古屋市名東区】のハザードマップで浸水区域を確認しよう

不動産を購入するする際は物件の間取りや設備状況だけでなく、立地がどのような場所にあるかはとても重要です。 立地といってもほとんどの方は駅からアクセスなどに目を向けてしまいがちですが、他にも抑えておきたいポイントがあります[…]

[» 続きを見る]