【名古屋市東区】のハザードマップで浸水区域を確認しよう

 

不動産を購入するする際は物件の間取りや設備状況だけでなく、立地がどのような場所にあるかはとても重要です。

立地といってもほとんどの方は駅からアクセスなどに目を向けてしまいがちですが、他にも抑えておきたいポイントがあります。

それは浸水区域に該当する地域かどうかです。

今回は名古屋市東区の浸水区域についてハザードマップを用いて調査しました。

 

ベースオン
名古屋市東区周辺で物件を探している方はぜひ参考にしてみてください。

 

ハザードマップとは?

ハザードマップとは、大雨や洪水などの自然災害をあらかじめ予測し、予測した被害の範囲を地図化したものです。

令和2年8月28日より、不動産取引において、対象物件について水害ハザードマップについて事前に説明することが義務付けられました。

 

不動産会社は取引する物件について【売買】や【賃貸】にかかわらず、ハザードマップにおける説明を必ず行う義務があります。

 

ベースオン
とても重要な項目ですので、取引の際はしっかり確認しましょう。

 

ハザードマップについては下記コラムにて詳細を解説しています。
ハザードマップで災害予測をしよう

 

名古屋市東区のハザードマップは?

 

名古屋市東区や他の名古屋市のハザードマップは名古屋市のサイトから手に入れることができます。

あなたの街の洪水・内水ハザードマップ

 

それでは名古屋市東区のハザードマップをみていきましょう。

※資料は名古屋市のサイト内”あなたの街の洪水・内水ハザードマップ”を参照・抜粋しています。

↓クリックで画像を拡大できます。

上の図は名古屋市東区の大雨・内水ハザードマップです。

東区のハザードマップには以下の情報が載っています。

  • 避難場所(学校やコミュニティセンターなど)
  • 矢田川が氾濫した場合の浸水想定区域
  • 大雨による浸水想定区域

色で塗りつぶされている箇所が想定浸水区域になります。
色の違いにより浸水の深さが変わっていきます。

浸水の深さは以下になります。

↓クリックで画像を拡大できます。

 

東区のハザードマップを見ると、大雨による浸水想定は黄色の箇所が(0.2m~0.5m未満)が所々あるのがわかりますね。

一部緑の(0.5m~1.0m未満)の場所もありますが、全体的に浸水想定の地域は少ないと感じます。

矢田川が氾濫した場合は、矢田周辺(ナゴヤドームの北側)が浸水区域にかかっているのがわかります。

 

またハザードマップの大半は北区の箇所が多いので、北区のハザードマップも参照ください。

【名古屋市北区】のハザードマップで浸水状況を確認しよう

 

ベースオン
大雨・内水ハザードマップを使って名古屋市東区の浸水区域を詳しく確認していきます。

 

矢田川が氾濫した場合は矢田周辺は注意

矢田川が氾濫した場合に想定される東区の浸水区域を確認していきます。

↓クリックで画像を拡大できます。

上の図は矢田川が氾濫した場合に想定される東区の浸水区域です。

赤色の線が区の境界線になります。
(地図の左側はほとんど北区の浸水区域です。)

東区はナゴヤドームの北側。駅でいうと「ナゴヤドーム前矢田」が浸水区域に該当しています。

色は黄色・緑色・水色と分けられているのがわかります。

 

ベースオン
矢田周辺は場所によっては最大2m未満の浸水の深さがあります。

 

 

大雨による浸水の場合の想定

大雨警報が出た場合などに予想される浸水区域もみていきましょう。

↓クリックで画像を拡大できます。

上の図は東区の大雨による浸水を想定されたハザードマップです。

所々、黄色(0.5m未満)と緑(0.5m~1.0m未満)の箇所があるのがわかります。

東区の北側と南側に分けてもう少し拡大していきたいと思います。

東区の北側は矢田・砂田橋周辺は注意

東区の北側の地域をみていきましょう、

↓クリックで画像を拡大できます。

上の図は東区の北側の大雨・内水ハザードマップを拡大したものです。

矢田川周辺の地域は黄色(0.5m未満)から緑色(0.5m~1.0m未満)に色付けされています。

地域でいうと、

  • ナゴヤドーム前矢田駅周辺(矢田・太幸)
  • 砂田橋駅周辺(砂田橋)

 

とくに矢田周辺は矢田川が氾濫した場合のハザードマップにもかかっているので要注意です。

 

東区の南側の浸水区域

東区の南側の地域をみていきましょう、

↓クリックで画像を拡大できます。

上の図は東区の南側の大雨・内水ハザードマップを拡大したものです。

ところどころ黄色(0.5m未満)に色づけされているところがありますね。

地域でいうと、

  • 東桜2丁目・泉2丁目付近
  • 葵1丁目・筒井2丁目付近

この周辺は浸水区域に該当する場所もあるので注意が必要です。

 

まとめ

  • 矢田川が氾濫した場合は、ナゴヤドーム前矢田駅の北側は要注意
  • 大雨による浸水想定は北側はナゴヤドーム前矢田駅から砂田橋の北側
  • 南側は東桜2丁目・泉2丁目・葵1丁目・筒井2丁目付近が注意

 

東区は浸水区域が他の区に比べると比較的少ない地域ですが、北側の地域は矢田川も通っているのでその周辺は注意が必要です。

また、泉や東桜などマンションが多い地域ではありますが、その周辺もハザードマップの浸水区域に該当する地域があるので確認しておいたほうがいいかもしれません。

名古屋市の各区のハザードマップ情報についての記事はこちら↓

名古屋市のハザードマップで浸水区域を把握しよう【まとめ】

また東区は名古屋市内でも人気の学区のひとつでもあります。
詳しい記事はこちら↓

名古屋市で子育て世代に人気の学区は?

関連記事
【名古屋市中川区】のハザードマップで浸水区域を確認しよう

不動産を購入するする際は物件の間取りや設備状況だけでなく、立地がどのような場所にあるかはとても重要です。 立地といってもほとんどの方は駅からアクセスなどに目を向けてしまいがちですが、他にも抑えておきたいポイントがあります[…]

[» 続きを見る]

【名古屋市緑区】のハザードマップで浸水区域を確認しよう

不動産を購入するする際は物件の間取りや設備状況だけでなく、立地がどのような場所にあるかはとても重要です。 立地といってもほとんどの方は駅からアクセスなどに目を向けてしまいがちですが、他にも抑えておきたいポイントがあります[…]

[» 続きを見る]

【名古屋市南区】のハザードマップで浸水区域を確認しよう

  不動産を購入するする際は物件の間取りや設備状況だけでなく、立地がどのような場所にあるかはとても重要です。 立地といってもほとんどの方は駅からアクセスなどに目を向けてしまいがちですが、他にも抑えておきたいポイ[…]

[» 続きを見る]

【名古屋市中区】のハザードマップで浸水区域を確認しよう

不動産を購入するする際は物件の間取りや設備状況だけでなく、立地がどのような場所にあるかはとても重要です。 立地といってもほとんどの方は駅からアクセスなどに目を向けてしまいがちですが、他にも抑えておきたいポイントがあります[…]

[» 続きを見る]

【名古屋市中村区】のハザードマップで浸水区域を確認しよう

不動産を購入するする際は物件の間取りや設備状況だけでなく、立地がどのような場所にあるかはとても重要です。 立地といってもほとんどの方は駅からアクセスなどに目を向けてしまいがちですが、他にも抑えておきたいポイントがあります[…]

[» 続きを見る]