【名古屋市港区】のハザードマップで浸水区域を確認しよう

 

不動産を購入するする際は物件の間取りや設備状況だけでなく、立地がどのような場所にあるかはとても重要です。

立地といってもほとんどの方は駅からアクセスなどに目を向けてしまいがちですが、他にも抑えておきたいポイントがあります。

それは浸水区域に該当する地域かどうかです。

今回は名古屋市港区の浸水区域についてハザードマップを用いて調査しました。

 

名古屋市港区周辺で物件を探している方はぜひ参考にしてみてください。

 

ハザードマップとは?

ハザードマップとは、大雨や洪水などの自然災害をあらかじめ予測し、予測した被害の範囲を地図化したものです。

令和2年8月28日より、不動産取引において、対象物件について水害ハザードマップについて事前に説明することが義務付けられました。

 

不動産会社は取引する物件について【売買】や【賃貸】にかかわらず、ハザードマップにおける説明を必ず行う義務があります。

 

とても重要な項目ですので、取引の際はしっかり確認しましょう。

 

ハザードマップについては下記コラムにて詳細を解説しています。
ハザードマップで災害予測をしよう

 

名古屋市港区のハザードマップは?

名古屋市港区や他の名古屋市のハザードマップは名古屋市のサイトから手に入れることができます。

あなたの街の洪水・内水ハザードマップ

 

それでは名古屋市港区のハザードマップをみていきましょう。

※資料は名古屋市のサイト内”あなたの街の洪水・内水ハザードマップ”を参照しています。

↓クリックで画像を拡大できます。

上の図が名古屋市港区のハザードマップです。

港区のハザードマップには以下の情報が載っています。

  • 避難場所(学校やコミュニティセンターなど)
  • 庄内川・矢田川が氾濫した場合の浸水想定区域
  • 蟹江川・福田川が氾濫した場合の浸水想定区域
  • 大雨による浸水想定区域

色で塗りつぶされている箇所が想定浸水区域になります。
色の違いにより浸水の深さが変わっていきます。

浸水の深さは以下になります。

↓クリックで画像を拡大できます。

港区の庄内川・矢田川が氾濫した場合のハザードマップをみると水色(1.0m~2.0m未満)や青色(2.0m~3.0m未満)のところが目立ちます。

大雨による想定浸水区域でも黄色(0.5m未満)の箇所が多くありますね。

港区の最大浸水深にいたっては3.1mとなっています。
これは一戸建てやマンションの1階部分は丸々浸かってしまう深さです。

 

ベースオン
港区はその名の通り、港があるエリアですのでハザードマップの浸水区域に該当する箇所が多い地域です。

 

それでは詳しく調査していきましょう。

 

庄内川・矢田川が氾濫した場合の想定

庄内川は港区の中央を流れる名古屋でも有数の大きな川です。

もし氾濫してしまうと、港区のほぼ全域に浸水してしまう恐れがあります。

↓クリックで画像を拡大できます。

 

上の図は庄内川が氾濫した場合に想定される浸水区域です。

ほとんどのエリアが水色(1.0m~2.0m未満)や青色(2.0m~3.0m未満)のところが目立ちます。

浸水の深さが1m以上だと大人では胸ほど、子どもの背丈くらいの高さです。

車にいたっては丸々冠水してしまう高さです。

港区は名古屋市のなかでも浸水区域が広く、なおかつ浸水の深さも高い地域ということがわかります。

港区は名古屋市の中でも比較的土地の坪単価が安い地域でもあるのですが、このハザードマップの浸水区域に該当する箇所が多いということも理由のひとつに挙げられます。

 

ベースオン
港区の物件探しの際はとくにハザードマップで浸水状況を確認する必要がありますね。

 

蟹江川・福田川が氾濫した場合の想定

蟹江川・福田川は港区の西側を流れる川です。

範囲としては狭いですが、氾濫した場合の想定浸水区域も設定されています。

↓クリックで画像を拡大できます。

福田川と蟹江川を挟むエリアは浸水区域に設定されているのがわかります。

 

ベースオン
福田川の周辺は田んぼが多く住宅地は少ないですが、蟹江川側は住宅もあるのでこの辺りは要注意ですね。

 

大雨による浸水の場合の想定

大雨警報が出た場合などに予想される浸水区域もみていきましょう。

↓クリックで画像を拡大できます。

上の図は港区の大雨による浸水を想定されたハザードマップを拡大したものです。

庄内川の氾濫した場合の想定と比べると範囲は少ないですが、3~4割ほどは浸水区域に指定されていますね。

色は黄色(0.5m未満)と緑(0.5m~1.0m未満)となっています。

 

 

ベースオン

大雨が降ると港区の道路で冠水などのニュースが出ることがあります。

ハザードマップ以外の地域も少し警戒する必要があるかもしれません。

 

 

まとめ

  • 庄内川が氾濫した場合、ほとんどのエリアが浸水区域に指定されている
  • 港区の西側の福田川と蟹江川を挟むエリアも浸水区域に指定されている
  • 大雨の場合、約3~4割ほどは浸水想定区域に指定されている

 

港区は名古屋市のなかでも浸水区域に指定されているエリアが多い地区です。

その影響で港区は名古屋市の中でも比較的土地の坪単価が安い地域でもあります。

ハザードマップをよく確認したうえで、検討することをおすすめします。

港区の洪水・内水ハザードマップページはこちら↓
http://www.city.nagoya.jp/bosaikikikanri/page/0000112466.html

港区のハザードマップのPDF版はこちら↓
http://www.city.nagoya.jp/bosaikikikanri/cmsfiles/contents/0000112/112466/kozui_minato_chizu.pdf

名古屋市の各区のハザードマップ情報についての記事はこちら↓

名古屋市のハザードマップで浸水区域を把握しよう【まとめ】

関連記事
【名古屋市東区】のハザードマップで浸水区域を確認しよう

  不動産を購入するする際は物件の間取りや設備状況だけでなく、立地がどのような場所にあるかはとても重要です。 立地といってもほとんどの方は駅からアクセスなどに目を向けてしまいがちですが、他にも抑えておきたいポイ[…]

[» 続きを見る]

【名古屋市天白区】のハザードマップで浸水区域を確認しよう

不動産を購入するする際は物件の間取りや設備状況だけでなく、立地がどのような場所にあるかはとても重要です。 立地といってもほとんどの方は駅からアクセスなどに目を向けてしまいがちですが、他にも抑えておきたいポイントがあります[…]

[» 続きを見る]

【名古屋市南区】のハザードマップで浸水区域を確認しよう

  不動産を購入するする際は物件の間取りや設備状況だけでなく、立地がどのような場所にあるかはとても重要です。 立地といってもほとんどの方は駅からアクセスなどに目を向けてしまいがちですが、他にも抑えておきたいポイ[…]

[» 続きを見る]

【名古屋市名東区】のハザードマップで浸水区域を確認しよう

不動産を購入するする際は物件の間取りや設備状況だけでなく、立地がどのような場所にあるかはとても重要です。 立地といってもほとんどの方は駅からアクセスなどに目を向けてしまいがちですが、他にも抑えておきたいポイントがあります[…]

[» 続きを見る]

【名古屋市中村区】のハザードマップで浸水区域を確認しよう

不動産を購入するする際は物件の間取りや設備状況だけでなく、立地がどのような場所にあるかはとても重要です。 立地といってもほとんどの方は駅からアクセスなどに目を向けてしまいがちですが、他にも抑えておきたいポイントがあります[…]

[» 続きを見る]