【名古屋市西区】のハザードマップで浸水区域を確認しよう

不動産を購入するする際は物件の間取りや設備状況だけでなく、立地がどのような場所にあるかはとても重要です。

立地といってもほとんどの方は駅からアクセスなどに目を向けてしまいがちですが、他にも抑えておきたいポイントがあります。

それは浸水区域に該当する地域かどうかです。

今回は名古屋市西区の浸水区域についてハザードマップを用いて調査しました。

 

ベースオン
名古屋市西区周辺で物件を探している方はぜひ参考にしてみてください。

 

ハザードマップとは?

ハザードマップとは、大雨や洪水などの自然災害をあらかじめ予測し、予測した被害の範囲を地図化したものです。

令和2年8月28日より、不動産取引において、対象物件について水害ハザードマップについて事前に説明することが義務付けられました。

 

不動産会社は取引する物件について【売買】や【賃貸】にかかわらず、ハザードマップにおける説明を必ず行う義務があります。

ベースオン
とても重要な項目ですので取引の際はぜひ覚えておきましょう。

 

詳しくは下記コラムを参照ください。
ハザードマップで災害予測をしよう

 

名古屋市西区のハザードマップは?

名古屋市西区や他の名古屋市のハザードマップは名古屋市のサイトから手に入れることができます。

あなたの街の洪水・内水ハザードマップ

 

それでは名古屋市西区のハザードマップをみていきましょう。

※資料は名古屋市のサイト内”あなたの街の洪水・内水ハザードマップ”を参照しています。

↓クリックで画像を拡大できます。

 

上の図が西区のハザードマップです。

西区のハザードマップには以下の情報が載っています。

  • 避難場所(学校やコミュニティセンターなど)
  • 庄内川・矢田川が氾濫した場合の浸水想定区域
  • 新川・五条川が氾濫した場合の浸水想定区域
  • 大雨による浸水想定区域

 

 

西区全体を見ると色づけされていることが多くありそうですね。

特に川の付近は水色(1.0m~2.0m未満)や青色(2.0~3.0未満)と浸水想定が深く設定されています。

さらに浸水区域について調べてみたいと思います。

庄内川・矢田川が氾濫した場合ほとんどの地域が該当

西区の上部では庄内川が流れています。

氾濫した場合は周辺地域は浸水区域に気を付けなければなりません。

↓クリックで画像を拡大できます。

上の図は庄内川・矢田川が氾濫した場合に想定された浸水茎です。

西区のほぼ全域が青色(2.0m~3.0m未満)・水色(1.0~2.0m未満)になっています。

西区の北西の枇杷島周辺にいたっては紫色(4.0m~5.0m未満)や濃い青色(3.0m~4.0m未満)になっている地域もあります。

 

ベースオン
庄内川が氾濫すると西区のほぼ全域に影響を受けそうです。

 

 

新川・五条川が、氾濫した場合

新川・五条川は庄内川よりも北側を通っている川です。

新川・五条川の氾濫が西区に与える影響を見てみましょう。

↓クリックで画像を拡大できます。

上の図は新川・五条川が氾濫した場合のハザードマップです。

新川周辺の地域である中小田井・山田・平田を中心に浸水区域に指定されていますね。

 

ベースオン
庄内川の氾濫よりも影響は少なそうですが注意が必要です。

 

大雨による浸水の場合

大雨警報が出た場合などに予想される浸水区域もみていきましょう。

↓クリックで画像を拡大できます。

西区の中心地や北部を中心にハザードマップの浸水想定区域に指定されていますね。

とくに浸水区域が広いところを拡大してみます。

 

新川周辺は浸水区域が広い

西区の北部にある新川周辺は大雨の浸水区域に指定されている地域が広いです。

↓クリックで画像を拡大できます。

上の図は西区の大雨による浸水を想定されたハザードマップを拡大したものです。

地域でいうと、中小田井・平田の地域に黄色(0.5m未満)から緑(0.5m~1.0m未満)の深さに指定されています。

 

浄心駅・浅間町周辺も大雨の浸水区域に

西区の中心に位置する浄心駅・浅間町周辺も浸水区域に指定されているところがあります。

↓クリックで画像を拡大できます。

上の図は西区の大雨による浸水を想定されたハザードマップを拡大したものです。

浄心駅の周辺だと、以下の地域が浸水区域に指定されている箇所があります。

  • 上名古屋・児玉・名西

 

浅間町駅の周辺だと、駅の西側に浸水区域に指定されている地域が多いですね。

  • 南押切・新道・幅下

 

ベースオン
西区の中心地でも大雨の浸水区域に指定されている箇所があるので注意が必要です。

 

まとめ

 

西区は庄内川や新川の大きな川が横断している土地なのでハザードマップにかかる地域が多く存在します。

 

  • 庄内川・矢田川が氾濫すると西区のほぼ全域に浸水の影響が出る想定
  • 新川・五条川の氾濫は中小田井・山田・平田を中心に浸水区域に指定
  • 大雨による浸水の場合は新川周辺や浄心駅・浅間町周辺が浸水区域に指定

 

ベースオン
西区は名古屋駅や栄まで比較的、交通の便がよい地域ですが、浸水区域に指定されている地域も多いので注意して物件探しもしましょう。

 

西区の洪水・内水ハザードマップページはこちら↓
http://www.city.nagoya.jp/bosaikikikanri/page/0000112399.html

西区のハザードマップのPDF版はこちら↓
http://www.city.nagoya.jp/bosaikikikanri/cmsfiles/contents/0000112/112399/kozui_nishi_chizu.pdf

 

名古屋市の各区のハザードマップ情報についての記事はこちら↓

名古屋市のハザードマップで浸水区域を把握しよう【まとめ】

 

関連記事
【名古屋市名東区】のハザードマップで浸水区域を確認しよう

不動産を購入するする際は物件の間取りや設備状況だけでなく、立地がどのような場所にあるかはとても重要です。 立地といってもほとんどの方は駅からアクセスなどに目を向けてしまいがちですが、他にも抑えておきたいポイントがあります[…]

[» 続きを見る]

【名古屋市中村区】のハザードマップで浸水区域を確認しよう

不動産を購入するする際は物件の間取りや設備状況だけでなく、立地がどのような場所にあるかはとても重要です。 立地といってもほとんどの方は駅からアクセスなどに目を向けてしまいがちですが、他にも抑えておきたいポイントがあります[…]

[» 続きを見る]

【名古屋市守山区】ハザードマップで浸水区域を把握しよう

  不動産を購入する際には物件だけでなく、立地がどのような場所にあるのかはとても重要です。 今回は名古屋市守山区の浸水区域をハザードマップを用いて調査したいと思います。 ベースオン 不動産を買う際にはとても重要[…]

[» 続きを見る]

名古屋市のハザードマップで浸水区域を把握しよう【まとめ】

不動産を購入するする際は物件の間取りや設備状況だけでなく、立地がどのような場所にあるかはとても重要です。 立地といってもほとんどの方は駅からアクセスなどに目を向けてしまいがちですが、他にも抑えておきたいポイントがあります[…]

[» 続きを見る]

【名古屋市港区】のハザードマップで浸水区域を確認しよう

  不動産を購入するする際は物件の間取りや設備状況だけでなく、立地がどのような場所にあるかはとても重要です。 立地といってもほとんどの方は駅からアクセスなどに目を向けてしまいがちですが、他にも抑えておきたいポイ[…]

[» 続きを見る]