車一台に何坪必要?

注文住宅で家を建てられるほとんどの方は駐車場を確保するかと思います。

駐車場を確保するのにどのくらいの面積が必要なのでしょうか?

 

ベースオン
車に必要な坪数など、詳しく解説したいと思います。

 

 

車1台に何坪必要?

車一台にかかる面積はどれくらいでしょうか?

1台当たりのスペースと駐車に必要な面積は一般的に

 

ベースオン
3.8坪~5.0坪を基準として設計されることが多いです。

 

計算方法としては、

幅2.5~3.0(m)×奥行5.0~5.5(m)
= 12.5㎡~16.5㎡3.8坪~5.0坪

この基準を目安にしてもらえればいいと思います。

ただ、車の車種によって駐車場を確保する大きさは変わってきますよね?

次は車種別のサイズを確認したいと思います。

 

車の車両サイズを確認しよう

駐車場を確保するうえで車両サイズを確認することは重要になってきます。

各クラスの平均的な車両サイズを確認してみましょう。 単位(m)

全長全幅全高代表車種
軽自動車3.41.481.65
ムーブ、ワゴンR、アルト、ミラなど
小型車4.51.681.5マーチ、ヴィッツ、フィット、イストなど
中型車4.81.71.5カローラ、プリウス、スカイライン
ワンボックス4.81.72.0セレナ、ステップワゴン、、エスティマなど
大型車5.21.871.5クラウン、レクサス、シーマ、ベンツなど

 

上の表はサイドミラーは全幅に含まれませんのでご注意ください。
そのため全幅は30センチ~40センチくらいはプラスして余裕を持たせたほうがいいですね。

軽自動車なら幅2.5m~奥行5.0m
12.5㎡(約3.8坪)

この大きさでも十分に収まりそうですね。

大型車でも余裕をもって駐車するのであれば、
幅3.0m×奥行5.5m
16.5㎡(約5.0坪)

このくらいは必要になってきそうです。

 

ベースオン
ご所有の車や将来購入予定の車を表から当てはめて頂ければと思います。

複数台停める場合

ご夫婦で車を持たれていたり、車を複数ご所有の方は多いと思います。
複数台停める際の種類や注意点などのお話したいと思います。

複数台停める際の駐車のしかたはおもに3種類あります。

  • 直角駐車
  • 並列駐車
  • 縦列駐車

 

詳しく解説したいと思います。

 

直角駐車

前面道路に対して直角方向に駐車する方法です。 一般的な停め方かと思います。
前向きでもバック駐車でもどちらもしやすい。

 

 

 

ベースオン
幅を広げれば更に便利になりますが、間口に少々余裕が必要ですね。

並列駐車

道路に対して平行に駐車する方法です。
2台以上停めるには間口を広く取らないといけないので、少し用途は限られてきそうです。

 

 

 

ベースオン
間口は広いけど、奥行きに余裕がない場合にはよい方法ですね

 

縦列駐車

車を縦に停める方法です。
メリットは間口があまり取れなくても2台以上駐車できることです。
ただ、間取りによっては奥の車の出し入れに手間がかかる場合があります。

 

ベースオン
家の面積を広く取りたい方や来客用など、頻繫に出し入れしないけど1台分確保したい方
にはおすすめですね。


まとめ

 

  • 駐車スペースは1台当たり3.8坪~5.0坪を目安に。
  • 複数台停める場合は駐車の停め方を工夫する

 

ベースオン
駐車場を確保する際はどうやって停めるかシュミレーションしましょう。

 

駐車に関する記事は下記に載せております。
ぜひ参考にしてみてください。

マンションの駐車場 チェックすることは?

機械式・地下駐車場の水没・浸水に気をつけよう

関連記事
土地や家を購入する際の消費税について

  皆さん、モノを購入するときなどは消費税がかかりますよね。 意外に知られてませんが実は「土地の代金には消費税がかかりません。」 今回はどんな物件に消費税がかかるか、またかからない物件についてお話ししたいと思い[…]

[» 続きを見る]

瑕疵(カシ)担保責任とは?

  「瑕疵(カシ)担保責任」 日常ではなかなか使う言葉ではないのであまりなじみのない言葉かもしれません。 不動産の売買の際にはこの「瑕疵(カシ)担保責任」の取り決めが非常に重要になります。 今回はこの「瑕疵(カ[…]

[» 続きを見る]

不動産売買の仲介手数料について

  不動産売買における仲介手数料について、 分かりやすい例を交えてご説明いたします。     仲介手数料 3%+6万円の6万円は? 売買における仲介手数料は以下の計算で求めます。 ①200万[…]

[» 続きを見る]

宅地建物取引士について

先週10月15日に宅地建物取引士の試験がありました。 毎年10月の第3週に行われる国家試験です。 不動産に関わる仕事をしている方、また法学部などの学生の方でも資格を取られる方もいるのでこの「宅建」という名称で知っている方[…]

[» 続きを見る]

レインズとは? 不動産を賢く売買するなら覚えておきましょう

不動産の購入・売却を検討されている方は「レインズ」という言葉を聞いたことがあるかと思います。 不動産の売買にはこのレインズの仕組みを知ることが重要です。 今回は「レインズ」についてお話ししたいと思います。   […]

[» 続きを見る]