不動産の決済当日の流れは? 必要書類や場所は?

 

不動産の売買契約を無事終えると、次は引渡し(決済)の準備に入ります。

引渡し当日はどのようなことを行うのでしょうか?

場所や必要書類についても詳しく解説したいと思います。

不動産の決済当日の流れは?

売買契約後に引渡し(決済)を行います。

期間はおよそ売買契約後の1ヶ月~2ヶ月以内にやることが多いです。

決済の時間はだいたい1時間前後で平日の日中に行われることが多いです。

決済当日の流れを簡単に説明すると

このような流れになります。

それでは詳しく解説したいと思います。

 

1.決済場所へ集合

不動産の決済の場所は、買主が振込をする銀行などの金融機関で行うことが多いです。

買主側の不動産会社が決済日にその金融機関の応接室などを手配します。

不動産の取引は大きな金額が動くため、安全にスムーズに取引ができるよう銀行で行われることが多いです。

なぜ買主側の金融機関かというと、残金の支払いや清算金などが買主の口座から振込や出金をするためスムーズにできるからです。

 

決済場所には売主・買主のほかにいろいろな人が立ち会います。

具体的には

  • 不動産業者(売主・買主双方いる場合は2つの業者)
  • 司法書士
  • 買主側の金融機関の担当者
  • 売主側の金融機関の担当者(物件にローンや抵当権が残っている場合)

 

このため、決済が行われる室内にはたくさんの人が立ち会う場合があります。

※不動産の売買契約が行われる場所に関してはこちらから
不動産の売買契約の場所はどこでやる?

 

2.決済当日に必要な書類や持ち物

決済当日に用意しておく書類は以下の通りです。

 

買主

  • 印鑑(実印・認印・銀行届出印)
  • 住民票
  • 印鑑証明書(住宅ローンなど借入をする場合)
  • 身分証明書(免許証など)

このようなものが必要になります。

売主の必要書類は以下になります。

 

売主

  • 権利証(登記識別情報)
  • 印鑑(認印・実印)
  • 印鑑証明書
  • 領収書
  • 物件に関する書類(パンフレット・管理規約・確定測量図など)
  • 物件のカギ(戸建てやマンションの場合)
  • 抵当権抹消書類(物件にローンがある場合)

 

このような書類や持ち物が必要になります。

必要な書類は一般的に不動産会社の担当が決済の前に案内してくれます。

 

 

ベースオン

物件によって必要な書類・持ち物が変わるので不動産会社の担当に確認しましょう

 

3.登記手続き

必要書類の中には登記をするのに必要な書類も含まれています。

決済には司法書士も立ち合いを行いますので、登記をするための手続きを行っていただきます。

司法書士は本人確認や書類が揃っているかを確認し、終わりましたら金融機関の担当者へ融資をするように指示をします。
(現金の場合は直接買主に振込手続きを指示します)

また、登記を司法書士に委任するするための書類(委任状)に署名捺印をします。

 

4.残代金の支払い・各種支払い

登記に必要な書類が揃ったらお金の支払いに移ります。

振込をする伝票などはあらかじめ不動産の担当者が用意している場合が多いです。

支払先に応じて、現金を用意したり振込を行っていきます。

買主が支払う費用については以下のようになります。

買主

  • 残代金(売主へ)
  • 固定資産税の清算金(売主へ)
  • 管理費等・その他清算金(売主へ)
  • 仲介手数料(不動産会社へ)
  • 登記費用(司法書士へ)

 

売主へ支払う費用は残代金のほかに、固定資産税や管理費などの各種清算金があります。

この精算金は残代金と合算して支払うことが多いです。

 

 

売主が支払う費用については以下のようになります。

 

売主

  • 仲介手数料(不動産会社へ)
  • 登記費用(司法書士へ)
  • 住宅ローンなどの返済費用(金融機関へ)

 

売主側の登記費用は、住所変更や抵当権の抹消する際に必要に応じて支払います。

また、まだ物件にローンなどの借入がある場合は、残代金から返済費用に充てます。

ローンの返済が行われると、抵当権の抹消手続きをします。

 

売主が支払う費用に関しては、買主から支払われる残代金から差し引いて支払うことが多いです。

そのため、とくに現金を持っていく必要がない場合が多いです。

 

5.カギや書類の受け渡し

お金のやりとりが終わると、カギ(マンションや戸建ての場合)や必要な書類の受け渡しをします。

買主が売主からもらうものは以下のようなものになります。

 

  • カギ(マンションや戸建ての場合)
  • パンフレットや管理規約(マンションの場合)
  • 確定測量図の原本(確定測量が決済までに完了していなかった場合)

 

物件の種類によって受け渡しをする書類も変わっていきます。

こちらも担当の不動産会社に確認しましょう。

 

まとめ

決済当日はこのような手続きを1日で終わらせます。

不動産の売買をするうえで、最後の重要なイベントです。

手続きは不動産会社や司法書士が段取りをしてもらいますが、ご自身で流れを把握しておくことは大切かと思います。

わからないことや疑問点があれば担当の不動産会社にしっかり聞きましょう。

関連記事
不動産の売買契約の場所はどこでやる? クーリングオフとの関係性は?

買主・売主と価格や条件が決定したら売買契約に進みます。 では売買契約を行う場所はどこで行うのでしょうか? また、契約の場所をどこで行うかはクーリング・オフ制度の適用にも関係してきます。 今回は売買契約の場所についてお話し[…]

[» 続きを見る]

不動産の売買契約や決済時の服装は? 契約者以外の人も連れて行っていい?

不動産の売買契約や決済は人によっては一生に数えるほどしかできない契約です。 大事な契約なので、契約時の服装はどんな格好をすればいいか不安な方もいるかと思います。 今回は不動産の売買契約や決済時にどんな服装を着ていけばいい[…]

[» 続きを見る]

不動産の契約 クーリングオフはできる?

  気に入った物件に出会ったとき、勢いで契約をしてしまった。 冷静に考えると決断が早すぎた。他の物件も検討したい。 このように考えが変わることもあるかもしれません。 「手付金も売主に渡してしまったし、売買契約を[…]

[» 続きを見る]

不動産の購入、引渡し前に住所変更したほうがよい?

  家やマンションを購入した後、新しく居住する場合は住所を変更する必要がありますよね。 この住所変更のタイミングですが、不動産の引渡し前に済ませておくのがおすすめです。 今回は不動産購入時の住所変更のタイミング[…]

[» 続きを見る]

不動産売買の契約時の縁起の良い日は?

    契約、引き渡し日は特に大事な取引になります。 大きな金額を扱うので、できれば縁起の良い日に契約をしたいという方もいらっしゃると思います。 今回は、縁起の良い日についてお話ししたいと思います。 […]

[» 続きを見る]